即断即決できる人は、決断能力が高いのでも、勇気があるのでもない。準備がすごいのだ!

即断即決できる人は、決断能力が高いのでも、勇気があるのでもない。準備がすごいのだ!開園以来、18年間赤字が続いていたテーマパークがあります。

それが、ハウステンボスです。

その赤字続きでどうしようもなかったハウステンボスを、わずか1年で営業黒字化させ、増収増益を続けさせているのが、エイチ・アイ・エス創業者の澤田秀雄社長です。

さまざまな方法で再建してきたのですが、また、新しい試みを行っています。

ハウステンボスでは主な従業員が全てロボットという「変なホテル」を2015年7月17日に開業。2016年7月には料理長がロボットの「変なレストラン」や体験型ミュージアム&ショップ「ロボットの館」などで構成する複合施設「ロボットの王国」をオープンする予定だ。

MONOistより引用

変化のスピードが速くて、一度訪れたお客様も、また、同じテーマパークに行くという感覚ではなく、新しいテーマパークに行くという感覚になり、リピーターとなるのかもしれません。

スポンサーリンク

成功者には決断の速い人が多い

このように、早いスピードで変化していくには、トップとなる人は、速い決断が求められます。

優れた経営者は即断即決ができる人が多いといわれますし、私も、そのように思います。

でも、そうは言っても、なかなか即断即決ができるようにはなりません。

もし、間違った決断をしてしまったことによって、大きな損失が出てしまうかもしれません。

じっくりと考えたほうが、良い決断ができるようにも感じます。

では、どうすれば、速い決断ができるようになるのでしょうか?

即断即決をするには?

それは、判断基準を作っておくことです。

おそらく、即断即決できるような人たちというのは、勇気を持って決断しているのではなく、勇気を持たなくても、判断基準を基に、やるかやらないかを冷静に判断しているのだと思います。

  • 判断能力が高い
  • 直感力がある
  • 決断する勇気がある

というのではなく、

  • 準備がしっかりしている

のでしょう。

情報を集め、様々なことを想定したイメージをするという準備ができています。

例えば、賃貸住宅に投資をする時に、様々な物件の情報があります。

なにも判断基準を持っていない人は、どの物件を見ても悩み、買っていいのか、買わないほうがいいのかわかりません。

そのため、購入する時には、その決断に大きな勇気が必要です。

しかし、即断即決できる人というのは、事前に

  • 地域
  • 金額
  • 築年数
  • 利回り
  • 間取り
  • リフォームにかかる費用
  • 設備

など、細かい部分までに、自分の基準を持っています。

そして、それに合わなければ買わないし、合っていれば検討する、購入する、という判断をします。

そのため、それにかかる時間は一瞬でしょう。

決して判断能力が高いのではないです。

準備する能力が高いのです。

即断即決している結果の部分を見るのではなく、その即断即決するためにかけた準備を見ることが大切ですね。

松下一生の無料メールマガジンの登録はこちら

大富豪の仕事術とは?

生産的な活動をするための時間術とは?

マインドマップ資格試験勉強法とは?


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加