ヒップスラストを自宅でするならダンベルの適正重量は?

引き上がった立体的なお尻は、女性はもちろん、男性も魅力的に見えます。
その引き上がった立体的なお尻を作るトレーニングとして、ジムなどで最近はやっているのが

  • ヒップスラスト

です。
バーベルやスミスマシンなどを腰の上に乗せて、腰を上下させるトレーニングです。
ジムに行っている人はそれができますが、自宅にスミスマシンやバーベルを持っている人は少ないと思います。
それでは、自宅で負荷をかけたヒップスラストは難しいのでしょうか?
ダンベルを持っているれば、自宅でも負荷をかけたヒップスラストができます。
ダンベルはバーベルと違って場所を取りませんので、持っているという人は多いでしょう。
初心者であれば、バーベルのような高重量も必要ありませんので、ダンベルヒップスラストがおすすめです。
そこで、宅トレにおすすめな

  • ダンベルヒップスラストのやり方
  • 重量設定の仕方

を紹介いたします。

ダンベルヒップスラストのやり方

ダンベルは直接当たると痛いので、座布団や枕などを準備しておきます。
腰のあたりにダンベルをのせてヒップスラストを行います。
持ち上げたときは、お尻の大殿筋をしっかり収縮させます。
降ろすときは、筋肉を収縮させたままストレッチさせるように降ろしていきます。
降ろしすぎると筋肉の収縮が緩んでしまいますので、その収縮が緩まないように上下させます。
ダンベルは両側を手で支えて、落ちないようにしておきましょう。

ダンベルヒップスラストの重量

ダンベルの重量は

  • 8~12回で限界になる重量

を設定しましょう。

  • 重い重量で少ない回数だと筋力アップ優先
  • 軽い重量で多い回数だと筋持久力アップ優先

になります。
8~12回でやると、筋肉の肥大につながりますので、立体的なお尻を作るにはおすすめです。
もし12回以上できるようになったら、重量を上げて8~12回に収まるようにしていきます。
ダンベルでは難しいくらい高重量になってきたら、やはりバーベルでのヒップスラストに移行していきましょう。
筋肉や筋力の発達していない初心者は、ダンベルの重量で十分負荷をかけられます。
ぜひ、男性も女性も試してみてください。

男性でも女性でも共通していえることなのですが、ウエストを細く見せようと思えば、当然お腹周りを引き締める必要があります。しかし、お腹...
体型というのは人それぞれですが、女性から好まれる男性の体型というものがあります。男性にとっては、健康的な体型を得たいというのもあ...
大きく丸い肩というのは、男性の象徴です。肩といえば、なで肩やいかり肩をイメージしますが、ボールが入ったようなまん丸の鍛えられた肩...


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする