肉離れの予防におすすめのトレーニングとは?

スポンサーリンク

スポーツでの肉離れなどの怪我を防ぐためは、ネガティブトレーニングをすることです。

激しい動きのスポーツや、普段運動していない人が急に運動をして、肉離れなどのけがをすることがあります。

ひどいときには入院することもあります。

楽しい運動やスポーツをするのですから、そのような怪我は予防できるのであれば、予防したいものです。

しかし、どうやって予防すればいいのでしょうか?

それは

  • 筋トレ
  • 栄養摂取

です。

細胞の接着剤となるものがあります。

その主成分はコラーゲンです。

この細胞の接着剤となるコラーゲンの生成を強化してくれるのが、ネガティブトレーニングとなります。

スポンサーリンク
<おすすめ>
ダンベルでトレーニングをするときにストレスとなるのが、ウエイトの変更です。 セットごとに重量を変えるとなると、それだけで多くの時間を要します。
そこでおすすめなのが可変式のダンベルです。 ダイヤルを合わせるだけで、一瞬にして希望のウエイトに変更ができてしまいます。
自宅でトレーニングするなら持っておきたいアイテムですね。
<おすすめ>
ダンベルでトレーニングをするときにストレスとなるのが、ウエイトの変更です。 セットごとに重量を変えるとなると、それだけで多くの時間を要します。
そこでおすすめなのが可変式のダンベルです。 ダイヤルを合わせるだけで、一瞬にして希望のウエイトに変更ができてしまいます。
自宅でトレーニングするなら持っておきたいアイテムですね。

肉離れ防止のための重要な筋トレとは?

筋トレをするとき、筋肉が力を発揮する形が3種類あります。

コンセントリック

筋肉が短くなりながら力を発揮するものです。

ポジティブトレーニングというものです。

エキセントリック

筋肉が伸びながら力を発揮するものです。

ネガティブトレーニングというものです。

アイソメトリック

筋肉が短くも伸びもしない止まった状態で力を発揮するものです。

スポンサーリンク

肉離れ防止のコラーゲン強化をする

この3つの中で、重要なのがネガティブトレーニングです。

ネガティブのときに、筋肉は最も強い力を発揮できると言われています。

そのため筋力をつけたり、筋肉を大きくするために効果的なトレーニングです。

さらに、腱や細胞のコラーゲン生成を強化することができます。

つまり、ケガの予防、またケガの回復に大きく役立つということです。

筋トレの中でも降ろす動作のネガティブで、しっかりとコントロールしてトレーニングすることです。

重力に任せて力を抜いてウエイトを降ろすのは、トレーニングや怪我の予防効果を著しく低下させることです。

トレーニング中は、鍛えたい部位の筋肉が伸びるときに、しっかりと意識してトレーニングしましょう。

走ったときに起こりやすい肉離れは、太ももの裏側の部分です。

スポンサーリンク

肉離れ防止や早期回復のための食事

その部分のネガティブトレーニングをするなら、ノルディックハムストリングスがおすすめです。

肉離れを起こしやすい大腿二頭筋のネガティブトレーニングを、集中的に行うことができます。

太ももの裏側の大腿二頭筋よりも、太ももの表側の大腿四頭筋が強すぎることで、肉離れのリスクが高まります。

このトレーニングによって大腿二頭筋と大腿四頭筋の筋力の差を縮めることもできますので、そのリスクを抑えることにもつながります。

あとは、コラーゲンやプロテインなどの栄養を摂取することも、トレーニング以上に大事なことなので、サプリメントなどで十分な量を摂取しましょう。

肉離れ防止や、肉離れのケガの回復に、ぜひ役立ててみてください。

トレーニングと栄養のことを学ぶならこちら

肩こり・腰痛・ぎっくり腰なら松下整体に今すぐ電話!愛南・宇和島・宿毛・大月・四万十・土佐清水へ出張可能
もし、肩こりや腰痛などの体の痛みに悩んでいるのであれば、松下整体を試してみてください。 肩こりや腰痛などの原因となる、首や腰などの骨のズレを戻し、筋肉をほぐして再発しにくい体にしていきます。 ぎっくり腰の急性の痛みも、楽にいなると思います。 痛みが発生してから時間が経つほど痛みを取り除くのが困難になっていきますので、痛みを感じているのであれば、今すぐご相談ください。
タイトルとURLをコピーしました