デクラインダンベルプルオーバーのメリットとやり方

スポンサーリンク

大胸筋と広背筋を鍛えられるプルオーバー。
大胸筋には他の種目ではああまりない、縦の刺激を与えることができます。
広背筋には、ストレッチをかけた状態で大きな負荷をかけられる、おすすめの種目です。

そのプルオーバーですが、弱点があります。
それは、

  • トップポジションで負荷が抜ける

ということです。

他の種目でもあることですが、プルオーバーのトップポジションに近づくにつれて負荷が弱まっていきます。
トップポジションでは、負荷がほぼゼロです。

これではプルオーバーの効果が半減してしまうでしょう。
そこでおすすめなのが

  • デクラインダンベルプルオーバー

です。

スポンサーリンク

デクラインダンベルプルオーバーのメリット

デクラインダンベルプルーバーは、デクラインベンチに寝転がってプルオーバーを行います。
トップポジションでも、床に対して腕が垂直になることがないため、負荷がかかり続けます。
フラットベンチで行うプルオーバーの

  • トップポジションで負荷が抜けるデメリットを解決できる

のです。

スポンサーリンク

デクラインダンベルプルオーバーの動画

スポンサーリンク

デクラインダンベルプルオーバーのやり方

  1. デクラインベンチに仰向けに寝ます。ダンベルの片側のプレートを両手の手のひらで支えます。
  2. 頭の方へ腕を倒していき、ダンベルを降ろしていきます。
  3. いっぱいまで降ろしたら、スタートポジションに戻ります。
  4. これを繰り返していきます。
スポンサーリンク

デクラインベンチがない場合の代用

  • デクラインの角度に調整できるベンチを持っていない

という人は多いでしょう。

そのときにできる方法として、フラットベンチで代用する方法があります。
フラットベンチの脚の下に、プレートを敷いてデクラインの角度にします。

これでダンベルプルオーバーを行います。
デクラインの角度はプレートの数で調整することができます。
しかし、あまり高く積み上げるとバランスを崩す可能性もありますので、程々にしてきましょう。

肩こり・腰痛・ぎっくり腰なら松下整体に今すぐ電話!愛南・宇和島・宿毛・大月・四万十・土佐清水へ出張可能
もし、肩こりや腰痛などの体の痛みに悩んでいるのであれば、松下整体を試してみてください。 肩こりや腰痛などの原因となる、首や腰などの骨のズレを戻し、筋肉をほぐして再発しにくい体にしていきます。 ぎっくり腰の急性の痛みも、楽にいなると思います。 痛みが発生してから時間が経つほど痛みを取り除くのが困難になっていきますので、痛みを感じているのであれば、今すぐご相談ください。
タイトルとURLをコピーしました