自分は筋肉がつきにくい体なのか?一生懸命トレーニングしても筋肉が大きくならない人

スポンサーリンク

筋肉を大きくするには、トレーニングをする必要があります。

筋肉に、普段体験しないような負荷をかけて、刺激してあげます。

ウエイトトレーニングなどで、刺激するのがいいでしょう。

そうすると脳が、もっと筋肉を強くしないといけないと思い、筋肉を大きくすることができます。

筋肉を大きくしたい人は、トレーニングをしないといけません。

スポンサーリンク
<おすすめ>
ダンベルでトレーニングをするときにストレスとなるのが、ウエイトの変更です。 セットごとに重量を変えるとなると、それだけで多くの時間を要します。
そこでおすすめなのが可変式のダンベルです。 ダイヤルを合わせるだけで、一瞬にして希望のウエイトに変更ができてしまいます。
自宅でトレーニングするなら持っておきたいアイテムですね。
<おすすめ>
ダンベルでトレーニングをするときにストレスとなるのが、ウエイトの変更です。 セットごとに重量を変えるとなると、それだけで多くの時間を要します。
そこでおすすめなのが可変式のダンベルです。 ダイヤルを合わせるだけで、一瞬にして希望のウエイトに変更ができてしまいます。
自宅でトレーニングするなら持っておきたいアイテムですね。

自分は筋肉がつきにくい体なのか?

しかし、トレーニングを一生懸命しても、筋肉がなかなか大きくならない人がいます。

毎日毎日、誰よりも一生懸命トレーニングしているのに、筋肉の大きさは変わらない。

逆に、サボっているように見える人が、ドンドン大きくなっていく。

「自分の体は、筋肉がつきにくい体なのかもしれない」

と思ってしまいます。

スポンサーリンク

栄養と休養が足りていない

実はそれは、栄養と休養が足りていない可能性が高いでしょう。

筋肉を大きくするためには、材料と、休養が必要になります。

筋肉を大きく強くしないといけないと思っても、筋肉を作るための材料がなければ、筋肉を大きくしていくことはできません。

筋肉を大きくする時期には、多少オーバーカロリーになるほど栄養を摂取する必要があります。

また大きな負荷がかかって、傷ついた筋肉を修復しようと思っても、修復する前に、また大きな負荷がかかって傷ついてしまっては、筋肉を大きくすることはできません。

実際に、こちらの本で、その実験が行われていました。

スポンサーリンク

栄養と休養が重要

毎日、上腕二頭筋のトレーニングを3週間した結果、筋肉が小さくなっていたのです。

トレーニングをするときには、集中して普段感じないような強い刺激を与えることです。

そしてしっかりと栄養を補給して、筋肉を修復する時間を与えてあげましょう。

重要度は、

  • トレーニング3
  • 栄養と休養7

という人もいるくらい、栄養と休養は重要です。

そうすることで、確実に筋肉は大きくなっていきますね。

肩こり・腰痛・ぎっくり腰なら松下整体に今すぐ電話!愛南・宇和島・宿毛・大月・四万十・土佐清水へ出張可能
もし、肩こりや腰痛などの体の痛みに悩んでいるのであれば、松下整体を試してみてください。 肩こりや腰痛などの原因となる、首や腰などの骨のズレを戻し、筋肉をほぐして再発しにくい体にしていきます。 ぎっくり腰の急性の痛みも、楽にいなると思います。 痛みが発生してから時間が経つほど痛みを取り除くのが困難になっていきますので、痛みを感じているのであれば、今すぐご相談ください。
タイトルとURLをコピーしました