ダンベルジャンピングスクワットのやり方や効果とは?

スポンサーリンク

スクワットの動作にジャンプを加えたジャンピングスクワット。
脚の自重トレーニングの中でも、強度の高いトレーニングといえます。
通常のスクワットと比べ、筋収縮のスピードが必要となるため、瞬発力の向上におすすめのトレーニングです。

そのジャンピングスクワットですが、やっているうちに筋力がついてくると、強度が足りなくなってしまいます。
自重では強度が少なくなるのです。
そこで、おすすめなのがウエイトを使ったジャンピングスクワットです。

スポンサーリンク

バーベルジャンピングスクワットをおすすめしない理由

ウエイトを使ったジャンピングスクワットというと、バーベルを担いでの

  • バーベルジャンピングスクワット

があります。
これで負荷をかけたジャンピングスクワットを行えます。
しかし、バーベルを担いで行うため、腰に大きな負担がかかることになります。
腰に不安のある方や、腰のケガのリスクを抑えたい方は、控えたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

ダンベルジャンピングスクワットのメリット

負荷をかけたジャンピングスクワットには、ダンベルを使ったダンベルジャンピングスクワットがあります。
ダンベルを両手にぶら下げて、ジャンピングスクワットを行います。
これなら背骨に直接負荷がかからないので、ケガのリスクを抑えられます。

スポンサーリンク

ダンベルジャンピングスクワットのやり方

両手が向かい合うように、体の横でダンベルを持ちます。
腕は伸ばしたままにします。
両足は肩幅程度に開きます。

スクワットのボトムポジションと同じように、大腿部が床と平行になるように腰を下ろしていきます。

そこから一気に、できるだけ高くジャンプします。
着地したら、ボトムポジションになります。
これをリズムよく、素速く繰り返していきます。

スポンサーリンク

ダンベルジャンピングスクワットの注意点

バーベルジャンピングスクワットと比べると、腰に負担が少ないのですが、それでも気をつける必要があります。
他のトレーニングと同様、腰が曲がってしまうと、腰を痛めるリスクは高くなります。
必ず、腰を真っ直ぐにして維持するようにしましょう。

スポンサーリンク

ダンベルジャンピングスクワットはジャンプ力・瞬発力が向上する

ジャンピングスクワットは、ジャンプ力や瞬発力をアップさせるトレーニングとして、おすすめのトレーニングです。
それにダンベルで負荷をかける事で、効果的に向上させることができるでしょう。
ジャンプ力を上げる具体的なトレーニング方法はこちらを参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ダンベルジャンピングスクワットなら自宅でトレーニングできる

  • 自宅にバーベルはないけど、ダンベルはある人

という人は多くいます。

ダンベルジャンピングスクワットなら、自宅でのトレーニングも可能でしょう。
スポーツなどをしている人は、積極的に取り入れていきたいトレーニングですね。

ダンベルでできる脚のトレーニングは、他にもたくさんあります。

自宅にダンベルがあるという人は多いと思います。
それなら自宅でダンベルを使って筋トレができます。
自宅なら忙しい人も、ジムで人に見られるのが恥ずかしい人も、トレーニングを行うことができます。

肩こり・腰痛・ぎっくり腰なら松下整体に今すぐ電話!愛南・宇和島・宿毛・大月・四万十・土佐清水へ出張可能
もし、肩こりや腰痛などの体の痛みに悩んでいるのであれば、松下整体を試してみてください。 肩こりや腰痛などの原因となる、首や腰などの骨のズレを戻し、筋肉をほぐして再発しにくい体にしていきます。 ぎっくり腰の急性の痛みも、楽にいなると思います。 痛みが発生してから時間が経つほど痛みを取り除くのが困難になっていきますので、痛みを感じているのであれば、今すぐご相談ください。
タイトルとURLをコピーしました