努力して筋トレしているのに筋肉が思うようにつかない!そうならないために大切なこととは?

スポンサーリンク

努力して筋トレしているのに筋肉が思うようにつかない!そうならないために大切なこととは?せっかく努力した筋トレも、無駄になることがあります。

それは、筋トレをして、体が筋肉を大きくしようとしている時に、筋肉を作る材料がなくて、筋肉が大きくならないときです。

筋肉は、トレーニングしている時についているわけではありません。

トレーニングをしている時に、筋肉に刺激が入り、それを修復する休んでいる時に筋肉が付きます。

その筋肉を合成する時に、筋肉の材料となるタンパク質が十分にないと、筋肉を修復することができず、筋肉は大きくなっていきません。

適切なタイミングで、筋肉の材料となるタンパク質を体の中に送ってあげれば、トレーニングをした分の筋肉がついていくようになります。

  • トレーニングの努力を無駄にするか
  • 有効にしていくか

は、その栄養のとり方に大きく左右されると言ってもいいでしょう。

スポンサーリンク
トレーニング時間を短縮できるダンベル
ダンベルトレーニングでダンベルの重量設定が面倒だと感じたことはありませんか?
ドロップセットなどでは素速い重量の変更が必要になってきます。
そんなダンベルトレーニングでオススメなのが可変式ダンベルです。
5秒あればお好みの重量に設定することができます。
ホームトレーニーにオススメのダンベルですね。
トレーニング時間を短縮できるダンベル
ダンベルトレーニングでダンベルの重量設定が面倒だと感じたことはありませんか?
ドロップセットなどでは素速い重量の変更が必要になってきます。
そんなダンベルトレーニングでオススメなのが可変式ダンベルです。
5秒あればお好みの重量に設定することができます。
ホームトレーニーにオススメのダンベルですね。

寝る前のプロテイン摂取

この記事になるように、寝る前にタンパク質を摂取すると、効率よく筋肉をつけていくことができます。

寝ている時に、お腹の中に食べ物があると、内臓が働いて、睡眠の質が悪くなってしまいます。

そのため、寝る前のタンパク質の摂取は、消化吸収に負担がかかりにくい、プロテインがいいでしょう。

スポンサーリンク

トレーニング直後も重要なタイミング

タンパク質を摂取するタイミングとして、トレーニング直後もおすすめです。

トレーニング直後は、成長ホルモンが分泌され、筋肉の合成が進みやすくなります。

そのときに、タンパク質と、タンパク質を細胞に取り込むために必要なインスリンを分泌させる、炭水化物を摂取してあげると、効率よく筋肉を大きくすることができるでしょう。

炭水化物は、最近悪者扱いされていますが、筋肉を大きくするためには有効な栄養素です。

スポンサーリンク

トレーニングをムダにしないためにも栄養は大切

他にも、

  • トレーニング前
  • 食間
  • 起床直後

なども、筋肉の分解を防ぐ上では、タンパク質摂取のタイミングとしていいでしょう。

せっかく忙しい合間にきついトレーニングをするのですから、それをムダにしないためにも、食事にも気をつけておきたいですね。

肩こり・腰痛・ぎっくり腰なら松下整体に今すぐ電話!愛南・宇和島・宿毛・大月・四万十・土佐清水へ出張可能
もし、肩こりや腰痛などの体の痛みに悩んでいるのであれば、松下整体を試してみてください。 肩こりや腰痛などの原因となる、首や腰などの骨のズレを戻し、筋肉をほぐして再発しにくい体にしていきます。 ぎっくり腰の急性の痛みも、楽にいなると思います。 痛みが発生してから時間が経つほど痛みを取り除くのが困難になっていきますので、痛みを感じているのであれば、今すぐご相談ください。
タイトルとURLをコピーしました