ザーチャースクワットの効果やメリットとは?知っておきたいメリットとは?

スクワットといえば、肩にバーベルを乗せてトレーニングするバックスクワットが一般的です。

脚を鍛えるには、最高のトレーニングと言っていいでしょう。

最高のトレーニングなのですが、そのオーソドックスなバックスクワットだけでは、筋肉が刺激に慣れてしまいます。

筋肉が発達するのは、ストレスに対する反応で発達していきます。

バックスクワットで、しっかりと刺激を入れていたとしても、毎回それを続けていれば、その刺激に慣れて筋肉が発達しにくくなります。

そこで重要なのが、筋肉が刺激に慣れないように刺激に変化を与えることです。

重量などを変えて刺激を変化させる方法もあるのですが、トレーニングの種目を変えるのも有効です。

必要最小限のトレーニングで、時間を有効に使いましょう。 筋トレはやればやるほど効果が出るような気がします。 5セットするより7セット...

バックスクワットを行っているのであれば、フロントスクワットを行うのも有効な手段です。

また、バックスクワットは脊椎や腰、股関節に大きな負担がかかります。

怪我を防いだり、怪我をしていて負担をかけたくない場合にも、フロントスクワットはおすすめでしょう。

しかし、フロントスクワットはジムなどにあるスクワットラックやパワーラックなどがあればできるのですが、それがなければ難しいでしょう。

そこでベンチプレス用のベンチなどがあればできるザーチャースクワットがおすすめです。

ベンチプレス用のベンチを購入するならこちらがおすすめ

フォームや身体への負荷は、フロントスクワットに近いものです。

ホームトレーニーが自宅でトレーニングをするときに、一番やりにくいのが脚のトレーニングではないでしょうか?脚のトレーニングで代表的...

ザーチャースクワットのやり方と動画

動画で見ての通り、バーを腕で挟んだ状態でスクワットを行います。

パワーラックなどがなくても、ベンチプレスのベンチのラックにバーベルを引っ掛けてから始めることもできますので、自宅でもやりやすいスクワット種目でしょう。

フロントスクワットは、手首が固い人はできなかったり苦痛を感じますが、このザーチャースクワットであればできます。

また、初心者にとってもおすすめの種目です。

やはり初心者にとってバックスクワットは、股関節や膝、脊椎に大きな負荷がかかり、しゃがみにくかったり、フォームが悪いと怪我につながったりします。

その点ザーチャースクワットであれば、しゃがみやすく負担も少ないので怪我のリスクも低いでしょう。

初心者が安全にスクワットのフォームを学ぶためにも、おすすめです。

バーベルを担いで行うバックスクワットをしようと思っても、自宅にはパワーラックやスタンドが無い方もいらっしゃいます。 また、ジムでトレーニン...

ザーチャースクワットのデメリットは重量が重くなったとき

このザーチャースクワットの一番のデメリットは、重量が重くなってくると、バーを挟んでいる部分の腕が痛くなることです。

対策としては、スクワットパッドをつけたり、簡易的なものならタオルを巻いたりして行うと、多少緩和されます。

スクワットパッドを購入するならこちらがおすすめ

しかしバックスクワットと比べると、軽い重量でも脚に効きますので、重すぎて痛いということは少ないでしょう。

このようなデメリットがありますが、それ以外はメリットが大きいスクワットです。

バックスクワットばかりやっていて、最近足の筋肉の成長が落ちてきたと感じたら、刺激を変えるためにも、一度取り入れてみてはいかがでしょうか?

脚のトレーニングで最も効果的なものといえばスクワットでしょう。 大腿四頭筋やハムストリングスなどの脚全体の筋肉を、効率よく鍛えてくれます。...
アメリカで流行っている30日スクワットチャレンジというのがあります。 スクワットを30日関することで、見事にお尻が引き締まり、ヒップアップに...

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする