グッドモーニングで日常やスポーツで重要な筋肉を筋トレしよう!自重トレでも大丈夫!

グッドモーニングというトレーニングがあります。
お辞儀をするように、上半身を倒して起こすトレーニングです。
このトレーニングは、広背筋や大胸筋などのように、筋肉を大きくさせて体型を変化させるようなものではありません。

目立つような筋肉ではありませんが、日常やスポーツなどの動きに重要な役割を持っている筋肉を鍛えるトレーニングです。
グッドモーニングを行うことで、日常のケガを防いだり、スポーツでのパフォーマンスを上げたりすることができます。
そこで、

  • グッドモーニングで鍛えられる筋肉
  • グッドモーニングの筋トレの方法

を紹介していきます。

グッドモーニングで鍛えられる筋肉

グッドモーニングで鍛えられる筋肉は、主に

  • 脊柱起立筋

です。
腰の2つの骨盤の間にある仙骨という骨から首にかけて、背骨の周りにある筋肉です。
この役割は

  • 背骨を反らせる
  • 上半身を起こす
  • 上半身を横に倒す
  • 上半身を固定する

というのがあります。
日常では、常に行われている動作で、これらに関わっている筋肉です。
この筋肉が弱ってくると、

  • 腰や背中が曲がってくる
  • 姿勢が悪くなる
  • 上半身が安定しなくて転んだり倒れやすくなる

など、日常に大きな影響がおこってきます。

スポーツでは、どの種目でも多く使われる筋肉です。
脊柱起立筋の役割の

  • 体勢を安定させる

というのは、力を発揮するためには重要なことです。

独りでやる競技でも、いかに体勢が崩れないように動くかが、記録に影響していきます。
相手がいるスポーツでは、相手の体勢を崩して力を発揮させないようにして、勝利に結びつけます。
そうされないように、体勢を崩されない脊柱起立筋のトレーニングをしておく必要があるのです。
そのようなことから、脊柱起立筋は、日常においてもスポーツの場面においても、重要な役割を持っている筋肉なのです。

グッドモーニングの筋トレのやり方

  1. 足を肩幅程度に開きます。
  2. バーベルを肩に担ぎます。
  3. 膝は軽く曲げておきます。
  4. お尻を後ろにスライドさせるようにして、上半身をゆっくりと倒していきます。
  5. 顔は前を向いたままにしておきます。
  6. 床と平行程度まで倒したら、ゆっくりと体を起こしていきます。
  7. これを繰り返していきます。

このトレーニングは腰に大きな負荷のかかるトレーニングです。
絶対に腰や背中を丸めないようにしてください。

初心者はグッドモーニングを自重でトレーニングする

初心者の場合は、はじめからバーベルを担いですると、腰や背中などが丸まってしまって、ケガをするリスクが大きいです。
せっかくいいトレーニングなのに、ケガをしてしまってはもったいないです。
そこで、オススメなのが自重でグッドモーニングを行うことです。

バーベルを担ぐ代わりに、頭に手を持っていきます。
あとは、バーベルグッドモーニングと同じ要領です。
自重だからといって、腰や背中を丸めてしまうと、トレーニング効果がないだけでなく、痛めてしまうこともありますので、注意しましょう。

グッドモーニングで重要な筋肉を鍛える

このようにグッドモーニングは、誰にでも重要な筋肉を鍛えてくれるトレーニングです。
バックエクステンションという、脊柱起立筋を鍛えるトレーニングがありますが、

  • 専用の器具がないとやりにくい
  • 負荷を高めにくい

というのがあります。
多く知られているのは、このバックエクステンションでしょうが、グッドモーニングもオススメのトレーニングです。
ぜひ、トレーニングの種目に取り入れてみてください。

クイックリフトの一種であるプッシュジャーク。瞬発力やジャンプ力をアップさせるには最適なトレーニングです。 そのためアスリー...
通常のデッドリフトよりも足幅を広くして行うスモウデッドリフト。パワーリフティングの選手がよく行っています。パワーリフターはスモウデ...
スポーツなどのパフォーマンスを向上させるには パワー スピード の2つをかけ合わせた瞬発力が重要です。 私も、娘が空...


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする