なぜタンパク質の多い食事がいいのか?

スポンサーリンク

摂取カロリーは同じでも、食事の内容で消費エネルギーは変わってきます。

筋肉を大きくする場合は別ですが、いい体を維持しようと思えば、やはり摂取カロリーが消費カロリーを、大きく上回らないようにしなければいけません。

そこでダイエットの多くはカロリーに注目しています。

しかし、同じカロリーを摂取しても、食事の内容によっては、消費カロリーが大きく違ってくることがあります。

その違いをもたらす原因が、食事誘発性熱産生です。

スポンサーリンク
<おすすめ>
プロテインを購入するならこちらがおすすめです。
キャンペーン割引を利用することでプロテイン1キロ当たり1000円台半ばで購入することができます。
初めての方限定割引コード: LMQJ-R1 を入力すると500円引きにもなります。
プロテインだけでなくEAAやクレアチンなども格安で購入が可能です。
ぜひご覧ください。

味にもこだわりがあり、50種類以上のプロテイン【Myprotein】
<おすすめ>
プロテインを購入するならこちらがおすすめです。
キャンペーン割引を利用することでプロテイン1キロ当たり1000円台半ばで購入することができます。
初めての方限定割引コード: LMQJ-R1 を入力すると500円引きにもなります。
プロテインだけでなくEAAやクレアチンなども格安で購入が可能です。
ぜひご覧ください。

味にもこだわりがあり、50種類以上のプロテイン【Myprotein】

食べるものによって消費カロリーが違う

食事をすると、その食べたものを消化吸収する必要があります。

その消化吸収にエネルギーを使います。

その消化吸収に、少しのエネルギーしか必要がなければ、消費カロリーより摂取カロリーのほうが多くなりやすくなります。

逆に消化吸収に多くのエネルギーを使う場合は、摂取カロリーの多くを消化吸収の消費カロリーに使われますので、太りにくいと言えるでしょう。

では、栄養素によって、どれくらいの違いがあるのでしょうか?

  • 脂肪は5パーセント以下
  • 炭水化物で5から10パーセント
  • タンパク質で30パーセント

と言われています。

スポンサーリンク

タンパク質を多く摂取する

つまり、炭水化物や脂肪の多い食事よりタンパク質の多い食事のほうが、同じカロリーを摂取しても、消費カロリーは多くなるということです。

この食事誘発性熱産生は、一日に消費される総エネルギーの約10%もあると言われています。

その部分を多くすることで、消費エネルギーに多くの影響を与えることがわかるでしょう。

いい体を維持するためにも、食事誘発性熱産生を理解して、タンパク質の多い食事を意識しておきたいですね。

最新栄養学を学ぶならこちらの本がおすすめ

アスリートのための最新栄養学

肩こり・腰痛・ぎっくり腰なら松下整体に今すぐ電話!愛南・宇和島・宿毛・大月・四万十・土佐清水へ出張可能
もし、肩こりや腰痛などの体の痛みに悩んでいるのであれば、松下整体を試してみてください。 肩こりや腰痛などの原因となる、首や腰などの骨のズレを戻し、筋肉をほぐして再発しにくい体にしていきます。 ぎっくり腰の急性の痛みも、楽にいなると思います。 痛みが発生してから時間が経つほど痛みを取り除くのが困難になっていきますので、痛みを感じているのであれば、今すぐご相談ください。
<おすすめ>
プロテインを購入するならこちらがおすすめです。
キャンペーン割引を利用することでプロテイン1キロ当たり1000円台半ばで購入することができます。
初めての方限定割引コード: LMQJ-R1 を入力すると500円引きにもなります。
プロテインだけでなくEAAやクレアチンなども格安で購入が可能です。
ぜひご覧ください。

味にもこだわりがあり、50種類以上のプロテイン【Myprotein】
<おすすめ>
プロテインを購入するならこちらがおすすめです。
キャンペーン割引を利用することでプロテイン1キロ当たり1000円台半ばで購入することができます。
初めての方限定割引コード: LMQJ-R1 を入力すると500円引きにもなります。
プロテインだけでなくEAAやクレアチンなども格安で購入が可能です。
ぜひご覧ください。

味にもこだわりがあり、50種類以上のプロテイン【Myprotein】
スポンサーリンク
健康 食事
スポンサーリンク
松下 一生をフォローする
愛南町社長ブログ
タイトルとURLをコピーしました