腕相撲の筋トレにゴムチューブがおすすめの理由とは?

腕相撲で強くなるには、

  • テクニック
  • 筋力

が重要になります。
普通の人が腕相撲をする場合、相手もテクニックを知らないことがほとんどなので、少し知識があると、多少相手の力が強くても勝つことができます。

男なら誰もが一度は腕相撲をしたことがあるはずです。しかし、腕相撲が弱くてなかなか勝てない人もいるでしょう。ウエイトトレーニングな...

しかし、相手との力の差が大きく、相手が圧倒的な筋力の強さがある場合、テクニックがあっても負けてしまいます。
そこで必要になってくるのが筋力の強化です。
筋力の強化といえば

  • ダンベル
  • バーベル

などを使ったウエイトトレーニングです。
ウエイトトレーニングをすることで、腕相撲に必要な筋肉をつけていくことができます。

男なら誰もが強くなりたいと思う腕相撲。腕相撲には力の差があっても、勝ち方を知っていれば、自分よりも強い相手でも勝てるものです。 ...
腕相撲では使う技術によって、使われる筋肉が違ってきます。手首から肘にかけてある前腕筋群も、使うテクニックによって使われる筋肉が違...

ダンベルやバーベルの欠点

しかし、このバーベルやダンベルで行うウエイトトレーニングには、大きな欠点があります。
それが、

  • 重力のかかる真下にしか負荷がかからない
  • ウエイトを持ち上げたトップポジションで負荷が逃げる

ということです。

負荷のかかる方向が真下

ダンベルやバーベルは、重力を使ったトレーニングです。
負荷がかかる方向は真下になります。
そのため腕相撲で必要になる、水平方向や斜め方向への負荷はかかりにくく、かけたい方向に負荷をかけるには、体勢を変えて必要な方向への負荷をかける事になります。
腕相撲のように、立ったまま水平方向への負荷はかけにくいのです。

トップポジションやボトムポジションで負荷が逃げる

また、ダンベルカールなどで一番負荷がかかるのは、前腕が地面と平行になる途中の部分(ミッドレンジ)です。
ダンベルを一番上まで引き上げたトップポジションや、ダンベルを降ろしたボトムポジションでは、筋肉への負荷が逃げてしまって、ほとんど負荷がかからない状態になっています。

腕相撲に合ったトレーニングがゴムチューブならできる

そこで、おすすめのトレーニングアイテムが

  • ゴムチューブ

です。

ゴムチューブならどの方向にも負荷がかけられる

ゴムチューブであれば、水平方向でも斜め方向でも、もちろん垂直方向でも、負荷を変えてトレーニングすることが可能になります。
腕相撲では、様々な方向への負荷をかけてトレーニングする必要があります。
それを実現してくれるのです。

トレーニング動作の最後に負荷が逃げない

また肝心な、トレーニング動作の最後の部分で、負荷が逃げるどころか、一番大きな負荷がかかります。
筋肉を収縮させたときに大きな負荷がかかりますので、筋肉の意識がしやすくなるのも嬉しいところです。

ダンベルやバーベルに引っ掛けてトレーニングすることで、ウエイトトレーニングの弱点の負荷が逃げることを防ぐこともできます。
ゴムチューブは様々なものが販売されています。
トレーニング用ゴムチューブを購入するならこちらがおすすめ

ドアに挟んで使うグッズも販売されています。
ゴムチューブをドアに挟むグッズはこちら
自分に合った強度のものや、トレーニングに合ったアイテムを用意すると、ストレスなくトレーニングできるでしょう。

腕相撲で強くなるためのゴムチューブトレーニング動画

腕相撲のケーブルトレーニングもゴムチューブなら自宅でできる

ケーブルで行うようなトレーニングもゴムチューブで行なえます。

力比べの代表的なものといえば腕相撲。力自慢の男が何人か集まれば、必ずといっていいほど腕相撲が始まります。 男であれば、腕相撲...

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする