腕相撲で強くなるにハンマーカールがおすすめな理由とは?

男なら誰もが強くなりたいと思う腕相撲。
腕相撲には力の差があっても、勝ち方を知っていれば、自分よりも強い相手でも勝てるものです。

しかし、それでも相手の力が圧倒的に強ければ、勝ち方を知っていても勝てないものです。
やはり腕相撲に必要な筋肉はつけておくことで、より勝ちやすくなります。
力の差が大きくなければ、必勝法を知っている方が間違いなく勝ちます。

勝ち方を知っているのであれば、相手との力の差を大きくしないように鍛えておくことです。
男同士が集まるときに、注目を浴びたいのであれば、日頃から鍛えておくといいでしょう。

腕相撲で必要な筋肉はハンマーカールで鍛える

トレーニングしておきたい種目はハンマーカールです。

通常のダンベルカールは、掌を上に向けてカールしますが、ハンマーカールは横向きでカールしていきます。
腕相撲でも掌は横向きですので、このトレーニングが理想的なのは想像できるでしょう。
ハンマーカールは、腕相撲で必要になる筋肉の

  • 腕撓骨筋
  • 上腕筋

をトレーニングする種目です。

特に腕撓骨筋は

  • 肘を曲げる
  • 腕を内側に回す

動作に必要な筋肉です。

腕撓骨筋をハンマーカールで鍛える

アームレスリングではトップロール(吊り手)と呼ばれる技術があります。
相手を引っぱって吊り上げ、手首をひっくり返して倒す技です。

肘を曲げる筋肉で肘を固定し、腕を内側に回転させて手首をひっくり返します。
ハンマーカールはトップロール(吊り手)に必要な動作に使う腕撓骨筋を強化するために、おすすめのトレーンングなのです。

男なら誰もが一度は腕相撲をしたことがあるはずです。しかし、腕相撲が弱くてなかなか勝てない人もいるでしょう。ウエイトトレーニングな...

こちらの記事に書いていますが、初心者相手であれば、このようなテクニックを使うことで、自分よりも力が強く筋肉の大きい相手でも、勝つことができるでしょう。

そのテクニックを身につけて、さらにハンマーカールでテクニックに必要な筋肉を強化することで、アームレスリング選手は別として、そこら辺の力自慢には、腕相撲で負けることはないでしょう。

腕相撲だけでなく見た目も良くなるハンマーカール

ハンマーカールは、腕相撲に強くなるだけでなく、腕撓骨筋は前腕筋群の中でも大きな筋肉ですので、前腕を大きく太くする効果もあります。
また上腕筋は力こぶとなる上腕二頭筋の中にあり、上腕に厚みをつけるのにもおすすめです。
腕の筋肉は女性がよく見ている筋肉ですので、ぜひ鍛えておきたいものですね。

筋トレの目的は、その人によって様々だと思います。 健康のため老化予防のためダイエットのためスポーツパフォーマンス向上のため...
力比べの代表的なものといえば腕相撲。力自慢の男が何人か集まれば、必ずといっていいほど腕相撲が始まります。 男であれば、腕相撲...

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする