頭も体も使えば使うほどいいんじゃないの?頭も体も休んでいるときに力がついていく

頭も体も使えば使うほどいいんじゃないの?頭も体も休んでいるときに力がついていく短時間に集中して使って、積極的に休むことが重要です。

ガンガン長時間トレーニングして、毎日鍛えるほうが、筋肉は大きくなるような気がします。

しかしトレーニングをやりすぎて、休む時間が少ないと、筋肉は逆に細くなってきます。

筋肉が大きくなる時は、休んでいるときです。

短時間で集中して強度の強いトレーニングをして、しっかりと休めることで、筋肉は大きくなっていきます。

スポンサーリンク

脳も筋肉も同じ

脳にも同じようなことが言えます。

長時間使えば使うほど、よくなっていくような気がします。

しかし長時間使い続けることで、脳は弱っていって、マイナスのことを考えるようになります。

使えば使うほどよくなっていくのであれば、過労で鬱になることはないでしょう。

寝ている間に重要なことを長期記憶にしていく

短時間で集中して使いまくって、しっかりと瞑想や睡眠をとり、脳を休ませることで、脳力は高まっていきます。

睡眠をとって休んでいる間に、記憶を整理し、記憶を取捨選択して、重要なことは長期的な記憶として残るようになります。

脳を老化させる、脳に溜まっている老廃物も、睡眠中に排泄されるようになっています。

体も頭も、短時間で集中して鍛えて、しっかり休ませることが重要ですね。

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加