まずは狙われないことが大事!体を鍛えて格闘技をしておくことで犯罪から身を守る

体を鍛えることは、犯罪から身を守ることにもつながります。

スポンサーリンク

狙うのは自分より弱そうな人

まずは狙われないことが大事!体を鍛えて格闘技をしておくことで犯罪から身を守る犯罪者の気持ちになってみてください。

今から、強盗をするとします。

狙う相手は、どんな人がいいでしょうか?

自分より体格のいい、相撲取りやプロレスラーを狙うでしょうか?

たとえお金を持っていたとしても、狙わないと思います。

おそらく狙うとしたら、女性や弱そうなオヤジを狙うのではないでしょうか?

体を鍛えていい体型にしておくことは、健康にいいというだけでなく、犯罪から身を守ることにもつながります。

格闘技もおすすめ

また体を鍛えると同時に、格闘技をやっておくと、いざというときにも身を守ることができます。

格闘技をやっていると、相手の動きがよく見えます。

「格闘技なんか、いざとなれば関係ない」

という人もいます。

確かに、格闘技をやっていなくても、何も守るものがなくて、死んでもいいと思っている人は強いでしょう。

しかし、それは極論で、通常の場合であれば、格闘技をやっている人は間違いなく有利です。

予防として体を鍛え格闘技をしておく

ボクシングなんかであれば、素人であれば左手だけで、相手を制圧できるでしょう。

私は空手をやっていますが、白帯と組手をすれば、多少体格がよくても楽勝です。

当たり前ですが、それだけやっている人と、やっていない人は違います。

  • 危ない場所に行かない
  • 常に気を張っておくこと
  • いざとなったら逃げる

ということが重要なのですが、それでも、犯罪者は狙ってくることもあるでしょう。

そのためにも、予防として

  • 体を鍛えておく
  • 格闘技をやっておく

というのは大事なことですね。

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加