ブロッコリーの栄養を活かす筋トレしている人におすすめの調理方法とは?

筋肉をつけたい人にとっては、有り難い存在のブロッコリー。
ブロッコリーには、

  • ビタミン
  • ミネラル
  • 食物繊維
  • たんぱく質

などが多く含まれ、女性ホルモンの作用を抑えて、筋肉が付きやすく脂肪がつきにくい状態にもしてくれます。

筋トレをしたあとというのは、一時的に免疫機能が落ちるときですので、しっかりとビタミンやミネラルを摂取しておきたいのです。
スーパーベジタブルともいわれるブロッコリーは、そのビタミンやミネラルがバランスよく豊富に含まれています。
また、たんぱく質も100gあたり4グラムほど含まれていますので、それも筋トレをしている人にとっては嬉しいものです。
そこで、筋トレをしている人におすすめの、ブロッコリーの調理方法を紹介いたします。

私が住む愛南町の特産品の一つのブロッコリー。愛媛県のブロッコリー生産量の約半分を占めています。私もたくさんもらうので、たくさん食べ...

筋トレをしている人にオススメのブロッコリーの調理方法

チンしてそのまま食べる

ブロッコリーのいいところは、調理に時間がかからないことです。
小さくカットして、少し水をふりかけて、電子レンジでチンすれば、すぐにでも食べられます。
茹でるのもいいのですが、茹でてしまうと、大切な栄養素が逃げてしまいます。
できれば、蒸す、電子レンジで調理するほうがいいでしょう。

鶏肉と一緒に食べる

ブロッコリーには、多くのタンパク質が含まれています。
しかし、筋肉を増やしたい人にとっては、その量は十分ではありません。
そこで、よく使われるのが、鶏の胸肉です。
むね肉はタンパク質が豊富ですが、脂肪分は非常に少ないお肉です。
ローファットダイエットをしている人にとっては、有り難い食べ物といえるでしょう。

ブロッコリーをオーブンで焼く

ブロッコリーは、様々な食材と調理することで、美味しく食べる事もできます。
毎日、同じ味のブロッコリーを食べていては、飽きてしまいます。
調理するには少し時間がかかりますが、頻繁に食べるのであれば、味も変えておいたほうが飽きずに食べられるでしょう。

レンジでチンして調理

こちらは電子レンジでチンして調理するのですが、たんぱく質豊富な

  • 鶏の胸肉
  • チーズ
  • ブロッコリー

が入っています。
タンパク質が多いだけでなく、味も美味しいのです。
時間もそれほどかかるものではありません。
トレーニング後の筋肉飯としてオススメの調理方法でしょう。

冷凍ブロッコリーを使う

ブロッコリーは冷凍されたものも売られています。
冷凍ブロッコリーを使えば、調理に時間もかかりません。
夏のお弁当に冷凍したまま入れておけば、お弁当箱の中の温度上昇を防ぐこともできます。

コンビニで購入

今は、コンビニでも調理したブロッコリーを食べることができます。
出先でたんぱく質と、体調管理のためのビタミンやミネラルを摂取するのに、コンビニを利用するのも一つの手だと思います。

ブロッコリーは筋肉をつけたい人は積極的に摂取

ブロッコリーは、筋肉をつけたい人にとって、必要な栄養がたくさん含まれています。
もちろん、健康維持の目的にもおすすめの食材です。
また、調理に時間がかからないのもいいところです。
忙しい仕事の日の朝でも、すぐにお弁当箱に詰めることができます。
私が住む愛南町は、特産品の一つがブロッコリーなのです。
もっともっと、筋トレをしている人に食べてもらって、筋肉の増量と、健康維持に役立ててほしいですね。

私の住む愛南町は、愛媛県のブロッコリー生産量の約半分を占める、有名な産地です。私の整体のお客様にも農家の方がいいます。暖かくなって...
3日に1回の頻度で食べると良いとされているブロッコリースプラウト。スーパーでも売られていますので、3日に1回買ってくればできるでし...


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする