ダンベルを使ったサイドカールの筋トレのやり方とは?

スポンサーリンク

上腕筋を鍛えるトレーニングとして、ハンマーカールがあります。
そのハンマーカールと同様に、縦にダンベルを持って、上腕筋と上腕二頭筋長頭を鍛えるトレーニングが

  • サイドカール

です。

普段行う上腕筋のトレーニングは、ハンマーカールでいいでしょう。
しかし、筋肉は刺激に慣れてしまうと、発達しなくなってきます。
そのためトレーニングの

  • 重量を変える
  • 種目を変える
  • スピードを変える
  • 器具を変える

などによって刺激を変えてあげることで、発達させる事ができます。

そこで

  • サイドカールのやり方

を紹介いたします。

スポンサーリンク

サイドカールのやり方

ダンベルを使ったサイドカールのやり方を紹介いたします。

サイドカールの動画

サイドカールのやり方

  1. ダンベルを自分の体に向けた状態で持ちます。
  2. 親指側を上側にし、手のひらを内側に向けたまま、肘を曲げてダンベルを胸の前まで上げていきます。
  3. ゆっくりとダンベルを下ろしていきます。
  4. これを繰り返していきます。
スポンサーリンク

上腕二頭筋を鍛える筋トレ

サイドカールだけでなく、上腕二頭筋を鍛えるトレーニングは、他にもあります。
同じ刺激を与え続けるより、ときには違った刺激を与えることで、筋肉は大きくなりやすくなります。

  • バーベル
  • ケーブル
  • マシン

を使えば、上腕二頭筋の様々なトレーニングができます。

しかし、ジムに行っていない人は、それは難しいでしょう。
では、自宅で上腕二頭筋を鍛えるのは難しいのか?といえばそうではありません。

ダンベルを使うことで、十分な種目の筋トレが可能です。

こちらに自宅でできるダンベルを使った上腕二頭筋のトレーニングを紹介しています。
参考にしてみてください。

肩こり・腰痛・ぎっくり腰なら松下整体に今すぐ電話!愛南・宇和島・宿毛・大月・四万十・土佐清水へ出張可能
もし、肩こりや腰痛などの体の痛みに悩んでいるのであれば、松下整体を試してみてください。 肩こりや腰痛などの原因となる、首や腰などの骨のズレを戻し、筋肉をほぐして再発しにくい体にしていきます。 ぎっくり腰の急性の痛みも、楽にいなると思います。 痛みが発生してから時間が経つほど痛みを取り除くのが困難になっていきますので、痛みを感じているのであれば、今すぐご相談ください。
タイトルとURLをコピーしました