アームブラスターの効果やメリットとは?

首から金属の板をぶら下げて、そこに上腕を当ててアームカールが行えるアームブラスター。
映画俳優やボディビルのミスターオリンピアチャンピオンでもある、アーノルド・シュワルツネッガーも使っていたといわれています。

自宅でトレーニングしている人は、使っている人もいるのではないでしょうか?
しかし、使っていない人からすると、本当に効果があるのかよくわからないでしょう。
そこでアームブラスターの高価やメリットを紹介いたします。

アームブラスターの効果とメリット

肘や上腕を固定できる

アームブラスターの特徴は、なんといっても

  • 上腕と肘を固定できる

ことです。

アームカールでは、この上腕と肘を固定することが重要です。
ウエイトを上げるときに上腕や肘を前に振り、下げるときに上腕と肘を後ろに振ります。
この振り子のように腕を使うことで、上腕二頭筋の力を使うことなく、ウエイトを上下させることができます。

アームカールは、上腕二頭筋を鍛える種目です。
それなのに上腕二頭筋を使わないアームカールでは、上腕二頭筋が発達することはないでしょう。

このアームブラスターを使うことによって、それができなくなります。
上腕二頭筋だけを使って、アームカールを行うことができます。

正しいフォームを学べる

アームカールは、初心者にとって、フォームを覚えるのは難しいことです。

人間は、重いものを持つときに、できるだけ筋肉を使わないように持ち上げようとします。
何も考えずにアームカールをすると、反動を使ってウエイトを上げ、ウエイトの下に腕を持っていってキャッチするようなフォームになります。
これが、人間の習性です。

ウエイトトレーニングは、その習性に逆らって、できるだけ筋肉に大きな負荷をかけてウエイトを上げていきます。
初心者は、それを覚えるためには、このアームブラスターを使うのは、いい方法だと思います。

上腕と肘を固定してアームカールを行うと、上腕二頭筋が使われているのがよくわかります。

プリチャーカールベンチが必要なくなる

上腕二頭筋と上腕筋を鍛える種目として

  • プリチャーカール

があります。

プリチャーカールベンチに、上腕を乗せて固定し、アームカールを行う種目です。
上腕二頭筋と上腕筋に非常に有効な種目です。
そのため、ジムなどでは人気の種目でもあります。

ところが自宅でそれを行うには、プリチャー台がないとできません。
プリチャー台は価格も高く、場所も必要になります。
それを考えると、自宅でプリチャーカールをするのは、諦めないと人もいるでしょう。

ところがこのアームブラスターがあれば、それと同じような効果のトレーニングができるのです。

アームブラスターも、上腕を固定して行うカールです。
多少プリチャーカールベンチと比べると、上半身の反動を使いやすい面もあります。
しかし、ほぼ同じようなトレーニングができるのです。
しかも、価格は安く、スペースも必要ありません。

軽い重量で効かせられる

アームブラスターを使うと、アームカールの重量は、かなり落ちます。
扱える重量は落ちるのですが、上腕二頭筋には強い刺激を得られます。
軽い重量でトレーニングができるのです。

軽い重量でトレーニングできるメリットは、ケガをしにくいことです。
重い重量では、関節に大きな負担がかかります。
関節をケガするリスクが高くなります。
また、何かでバランスを崩したときに、ウエイトに振られて転倒することもあります。

確かに重い重量でトレーニングすることは、筋肉の発達には重要なことなのですが、それに比例してケガのリスクも高まっていくのです。
ところが軽い重量であったとしても、しっかりと筋肉に効かせられるのであれば、ケガのリスクも低く、それでいて筋肉を発達させることもできます。
アームブラスターを使うことで、そのようなことが可能になります。

アームブラスターは初心者にオススメ

このようにアームブラスターを使うと

  • 肘や上腕を固定できる
  • アームカールの正しいフォームが学べる
  • プリチャーカールベンチがいらなくなる
  • 軽い重量で効かせられる

などの効果やメリットが得られます。

特に筋トレ初心者は、アームカールで反動を使いがちになります。
それを修正して、正しいフォームを学ぶためにも、このアームブラスターはオススメなのです。

価格もお手頃ですので、上腕二頭筋の発達を考えると、ぜひ使っておきたい商品だといえるでしょう。
二頭筋がなかなか発達しないという方は、使ってみてください。

アームブラスターを購入するならこちらがオススメ

上腕筋や上腕二頭筋に、強い刺激を与えられるトレーニングのプリチャーカール。ジムでも人気の種目です。それだけ上腕二頭筋の発達に期待で...
ジムに行く時間がとれない  できれば人に見られないように自宅でトレーニングしたい  スキマ時間にトレーニングしたい そう...
筋肉を大きくしていい体を作っていく方法は、バーベルやダンベル、マシンなどの器具を使うしかないのでしょうか?それは違います!自分の体...


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする