筋トレする人のためのブロッコリーの冷凍と活用のやり方とは?

筋トレをしている人にとって、メリットの多い緑黄色野菜といえばブロッコリーでしょう。
筋トレ雑誌や、筋トレしている人のツイッターなどの食事内容には、必ずといっていいほどブロッコリーが入っています。

  • ビタミンやミネラルがバランスよく豊富に入っている
  • 緑黄色野菜の中でもたんぱく質が多く含まれている
  • 女性ホルモンの作用を抑え、脂肪がつきにくく筋肉を突きやすくする

などのメリットのある野菜です。

筋トレしている人の食事にブロッコリーがおすすめの理由とは?
私が住む愛南町の特産品の一つのブロッコリー。愛媛県のブロッコリー生産量の約半分を占めています。私もたくさんもらうので、たくさん食べています。そのブロッコリーですが、筋トレをしている人の食事で、よく見ることができます。ボディ...

そんなブロッコリーですが、1年中市場に出回っているわけではありません。
私の住む愛南町もブロッコリーの有名な産地ですが、旬は

  • 11月くらいから3月くらいまで

です。
その時期には、整体のお客様の農家さんからたくさんいただくのですが、その時期をすぎると、もらうことはありません。

では、それ以外の時期に、ブロッコリーは食べることはできないのでしょうか?
そこで、ブロッコリーの冷凍と解凍の仕方を紹介いたします。
たくさんブロッコリーをもらったときに冷凍しておくと、ブロッコリーがなくなる期間も食べることができます。

スポンサーリンク

ブロッコリーの冷凍のやり方

茹でて冷凍する

ブロッコリーを冷凍する方法として、冷凍する前に一度茹でてから冷凍する方法があります。
茹でてから冷凍すると

  • 解凍してすぐに使える
  • 調理の時間を省ける
  • お弁当箱にそのまま入れられる

というメリットがあります。

  1. ブロッコリーをよく洗って、小房に切って分けます。
  2. 水1.5リットルに大さじ1の塩を入れる。塩を入れることで、色が鮮やかになります。
  3. 30秒ほど茹でる。通常よりは固めに茹でることになります。
  4. ザルに入れ水気をよく切ります。
  5. キッチンペーパーなどで水気を拭き取ります。このときに、よく水気を取っていないと、解凍したときに水が多く出てしまいます。キッチンペーパーなどを使って、よく水気をとっておくのが重要です。
  6. 冷めてきたら、フリーザーバッグに入れて冷凍します。

このように簡単に冷凍ブロッコリーが出来上がります。

ブロッコリーの正しい洗い方とは?ソレダメで放送された方法とは?
私の住む愛南町は、愛媛県のブロッコリー生産量の約半分を占める、有名な産地です。私の整体のお客様にも農家の方がいいます。暖かくなってくると、ブロッコリーを大量に持ってきてくれます。栄養価も高く、非常におすすめの野菜です。しかしブロッ...

生のまま冷凍する

ブロッコリーは茹でて冷凍するだけでなく、そのまま生で冷凍することもできます。
生のまま冷凍することで

  • 歯ごたえが損なわれない

というメリットがあります。

茹でて冷凍すると、どうしても柔らかくなりすぎて、歯ごたえがなくなってしまいます。
茹でてそのまま食べる場合などは、この生で冷凍するほうが美味しく食べられるでしょう。

  1. ブロッコリーをよく洗って、小房に切って分けます。
  2. そのままフリーザーバッグに入れて冷凍します。

非常に簡単に冷凍ができてしまいます。
茹でていないため、ブロッコリーが柔らかくなりすぎないので、おすすめの方法です。

冷凍ブロッコリーの解凍の仕方

常温で解凍する

冷凍ブロッコリーを解凍の方法として、常温で解凍する方法があります。
時間がかかる方法ですが、手間はかかりません。

また、それを利用する事ができます。
それは、お弁当に入れることです。
もちろん茹でてから冷凍したブロッコリーに限ります。

朝、お弁当箱に入れておくだけで、お昼には食べることができます。
また夏場などは、お弁当箱の中の温度上昇を防げますので、一石二鳥です。

茹でて冷凍するときに、しっかりと水気をとっていても、多少の水は出てしまいます。
お弁当の中で水が出てしまうと、他の食材をぬらしてしまうことになるでしょう。
お弁当のカップなどにマヨネーズを入れ、その上に置いておけば、水が流れ出るのを防げ、味もつけられて便利です。

茹でて解凍する

一般的な解凍方法が、茹でて解凍するという方法です。

茹でて冷凍しているブロッコリーは、1分ほど茹でれば解凍できて、食べられる状態になります。
それ以上茹でると、水っぽく柔らかくなりすぎて美味しくありません。

茹でずに冷凍した場合は、通常通りの調理時間茹でれば、食べることができます。

レンジで解凍する

茹でて冷凍したものは、電子レンジで解凍することもできます。
電子レンジなら時間もかかりませんし、余分な水分がとびますので、水っぽくならず、歯ごたえも残ります。
600Wで30秒ほどで食べられる状態になります。

生で冷凍したものは、通常の調理と同じようにして、食べることができます。
100グラムほどであれば、大さじ1杯から2杯の水をかけて、電子レンジで600Wで1分半から2分ほどです。

市販の冷凍ブロッコリーを活用する

自宅で作った冷凍ブロッコリーは、1ヶ月ほどで食べる必要があります。
それでは、食べられない時期が出てきます。
やはり筋トレをしているのであれば、1年を通してブロッコリーは食べておきたいものです。

そこでオススメなのが市販の冷凍ブロッコリーです。
スーパーなどで安く売られています。
ブロッコリーのない時期は、この市販のブロッコリーを使うといいでしょう。
冷凍ブロコリーを購入するならこちら

ブロッコリーは、筋トレをしている人にとっては、本当に有り難い食材です。
冷凍ブロッコリーを上手に活用して、筋肉を発達させていきたいですね。

筋トレをしているなら知っておきたいブロッコリーの茎の食べ 方とは?
筋トレをしている人にとって、有り難い栄養素の多いブロッコリー。ビタミンやミネラルがバランスよく豊富に含まれているのは、多くの人が知っているでしょう。また、緑黄色野菜のなかでも、タンパク質を多く含んでいます。筋肉を増やす上で...
ブロッコリーの栄養を活かす筋トレしている人におすすめの調理方法とは?
筋肉をつけたい人にとっては、有り難い存在のブロッコリー。ブロッコリーには、ビタミンミネラル食物繊維たんぱく質 などが多く含まれ、女性ホルモンの作用を抑えて、筋肉が付きやすく脂肪がつきにくい状態にもしてくれます。筋ト...
筋トレだけではダメ!バルクアップに必要な食事とは?
10月26日のアームレスリングの大会から、約1ヶ月半が経ちました。 アームレスリングの大会のブログはこちら 70キロ未満で出場したので、10キロのダイエットをして70キロまで体重を落としていました。 リバウンドしないダイエットのコツのブログはこちら そこから、筋肉を大きく強くするバルクアップをしています。 そして、現在の体重は74.8キロで、約5キロ増加しました。

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

スポンサーリンク
健康食事
スポンサーリンク
松下 一生をフォローする
スポンサーリンク
愛南町社長ブログ
タイトルとURLをコピーしました