太陽光発電のパワコンエラーが出たときにやっておきたい対処法とは?

先日、太陽光発電システムのパワーコンディショナー(パナソニック)に、エラーコードが出て、売電できなくなりました。
これでは売電ができなくなるので、早く修理しなければいけません。

「もしかして交換しなくてはいけないのでは?」

とも思いました。
業者さんに連絡して状況を説明すると、

  • パワコンでエラーが出たときに、はじめにやって欲しいこと

を教えてもらいました。
それをやってみると、無事復旧して、通常運転になりました。

同じ状況になって困る人もいるだろうと思いますので、

  • パワコンエラーが出たときに、初めにやってみること

を紹介いたします。

<おすすめ>
ダンベルでトレーニングをするときにストレスとなるのが、ウエイトの変更です。 セットごとに重量を変えるとなると、それだけで多くの時間を要します。
そこでおすすめなのが可変式のダンベルです。 ダイヤルを合わせるだけで、一瞬にして希望のウエイトに変更ができてしまいます。
自宅でトレーニングするなら持っておきたいアイテムですね。
<おすすめ>
ダンベルでトレーニングをするときにストレスとなるのが、ウエイトの変更です。 セットごとに重量を変えるとなると、それだけで多くの時間を要します。
そこでおすすめなのが可変式のダンベルです。 ダイヤルを合わせるだけで、一瞬にして希望のウエイトに変更ができてしまいます。
自宅でトレーニングするなら持っておきたいアイテムですね。

太陽光発電のパワコンエラーが出たときの対処法

パワコンエラーが出たときに、初めにやっておきたいことです。
これで改善されることがほとんどです。

パワコンを再起動させる

パワコンの電源をオフにして、それからもう一度電源をいれることで再起動されます。

電源をオフにする

こちらの電源ボタンを押します。
表示が消えます。

電源をオンにする

もう一度電源ボタンを押します。
300の数字が出て、カウントダウンが始まります。
300秒で再起動するということです。
再起動すれば、エラーが改善されます。

ブレーカーをオンにする

私の場合は、この方法で改善されませんでした。
300秒のカウントダウンがされずに、自立運転になってしまいました。
このような場合の対処法です。

ブレーカーを確認する

自立運転になっている場合は、ブレーカーが落ちているのが原因です。
ブレーカーがオフになっていないか確認します。

ブレーカーをオンにする

オフになっていたら、オンにします。
私の場合は、左端のブレーカーが落ちていました。

パワコンの電源を入れます。
ブレーカーが原因なら、これで300秒のカウントダウンが始まって、パワコンが再起動されます。

これで、改善されます。

パワコンのエラーはよく起こること

パワコンのエラーはよく起こることらしいです。
私は、今回で2回目の経験です。
この

  • パワコンを再起動する
  • ブレーカーを確認する

というのを覚えていることで、慌てずに対処することができます。

もし、この方法で改善されない場合は、業者に対応してもらうようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました