シシースクワットをマシンを使って行うには?

スポンサーリンク

大腿四頭筋に強い刺激を与えてくれるシシースクワット。
自重トレーニングでありながら、高強度のトレーニングをする事ができます。
しかし、筋力がついてくると、自重では負荷が足りなくなってきます。

  • バーベルのプレートを抱える

という方法で、シシースクワットの負荷を上げる方法があります。
またジムに通っているのであれば、マシンで負荷を上げる方法もあります。
それが、

  • ハックスクワットマシンを使った方法

です。
手軽に細かくウエイトの調整ができますので、おすすめです。

スポンサーリンク
トレーニング時間を短縮できるダンベル
ダンベルトレーニングでダンベルの重量設定が面倒だと感じたことはありませんか?
ドロップセットなどでは素速い重量の変更が必要になってきます。
そんなダンベルトレーニングでオススメなのが可変式ダンベルです。
5秒あればお好みの重量に設定することができます。
ホームトレーニーにオススメのダンベルですね。
トレーニング時間を短縮できるダンベル
ダンベルトレーニングでダンベルの重量設定が面倒だと感じたことはありませんか?
ドロップセットなどでは素速い重量の変更が必要になってきます。
そんなダンベルトレーニングでオススメなのが可変式ダンベルです。
5秒あればお好みの重量に設定することができます。
ホームトレーニーにオススメのダンベルですね。

ハックスクワットマシンを使ったシシースクワット

ハックスクワットマシーンは、通常膝よりも前に持っていって行うトレーニングです。
この足を体の延長線上の一番手前に位置するようにします。
これでつま先立ちになり、シシースクワットのフォームでトレーニングを行います。

スポンサーリンク

マシンを使ったシシースクワットのメリット

負荷の変更がしやすい

マシンですので負荷の変更が簡単にできます。
ピンを差し替えたり、プレートを追加したりすることで、簡単に負荷を増やすことが可能です。

バランスが取りやすい

シシースクワットは、バランスが取りにくいので、フォームが乱れがちです。
マシンであればある程度安定した状態でできます。
大腿四頭筋のストレッチに集中してトレーニングすることができるでしょう。

スポンサーリンク

自宅でシシースクワットの器具を使うには?

ジムではなく、自宅でマシンを使ったシシースクワットを行うには、そのマシンを購入する必要があります。
オススメなのは、こちらのマシンです。

こちらなら、ハックスクワットやシシースクワットだけでなく、レッグプレスも行うことができます。
もし自宅でマシンを使ったシシースクワットをしたいのであれば、検討してみてください。

シシースクワットのやり方と効果を高めるポイントとは?
太腿の前部に強い刺激を与えてくれる自重トレーニングがあります。それがシシースクワットです。自重トレーニングなので、負荷が小さいのでは?と思ってしまいますが、大腿四頭筋への負荷は非常に高く、このトレーニングのあとは、膝がガクガクし...
ジェファーソンスクワットのやり方とは?パワーラックがない宅トレにおすすめ!
バーベルを担いで行うバックスクワットをしようと思っても、自宅にはパワーラックやスタンドが無い方もいらっしゃいます。また、ジムでトレーニングするときでも、人が多い場合には、パワーラックの順番待ちをしないといけない場合もあります。そんなと...

肩こり・腰痛・ぎっくり腰なら松下整体に今すぐ電話!愛南・宇和島・宿毛・大月・四万十・土佐清水へ出張可能
もし、肩こりや腰痛などの体の痛みに悩んでいるのであれば、松下整体を試してみてください。 肩こりや腰痛などの原因となる、首や腰などの骨のズレを戻し、筋肉をほぐして再発しにくい体にしていきます。 ぎっくり腰の急性の痛みも、楽にいなると思います。 痛みが発生してから時間が経つほど痛みを取り除くのが困難になっていきますので、痛みを感じているのであれば、今すぐご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました