HIITと筋トレの順番はどちらを先にするのが効果的なのか?

脂肪燃焼や心肺機能向上のために有酸素運動をしている人は多いと思います。
しかし、長時間の有酸素運動は、

  • 筋肉が減少する
  • ウエイトトレーニングのパフォーマンスが低下する

などのデメリットがあります。
そこで、筋トレをしている人は、

  • 筋肉の減少が少ない
  • 脂肪燃焼できる
  • 心肺機能を向上できる

HIIT(高強度インターバルトレーニング)を取り入れている人も多いのではないでしょうか?
では、筋トレをしている人は

HIITと筋トレの順番は、どちらを先にトレーニングすればいいのでしょうか?

それについて紹介いたします。

HIITと筋トレの順番

HIITは

  • 筋トレの後
  • 筋トレが休みの日

にトレーニングするのが理想です。

筋トレは筋肉を限界まで追い込んでいきます。
HIITは心拍数を限界まで追い込んでいきます。

筋トレは筋肉を限界まで追い込む

筋トレは、筋肥大や筋力の増加を目的として行います。
そのためには、筋肉を限界まで追い込む必要があります。
それまでに筋肉への疲労があると、筋肉のエネルギーが不足し、限界に達するまでに疲労でウエイトを上げられなくなってしまいます。
筋トレをするときには、筋肉に疲労がない状態から始めるのが理想なのです。

HIITは心拍数を限界まで追い込む

HIITは心拍数を限界まで追い込んで

  • 脂肪燃焼
  • 心肺機能の向上

を目的としたトレーニングです。
重いウエイトで低回数でトレーニングしていくものではありません。
軽い重量で筋肉を動かし、心拍数を限界まで追い込んでいきます。
最大心拍数の85%から90%以上を目指していくものです。
筋肉に疲労があっても、軽い負荷でトレーニングしていくので、HIITトレーニングを行うことができます。

筋トレで成長ホルモンが分泌される

筋トレを行うと、体は筋肉を作らないといけないと思い、成長ホルモンを分泌させます。
この成長ホルモンは、筋肉を作るだけでなく、脂肪燃焼を促進させます。
そのときにHIITを行うことで、より脂肪燃焼の効果が高まります。

HIITは筋トレ後か筋トレ休みの日

これらの理由から、HIITのトレーニングをするのは

  • 筋トレ後
  • 筋トレが休みの日

にするのがいいでしょう。

HIITはどんな種目がオススメなのか?

HIITは心拍数を

最大心拍数の85%から90%以上を目指す

ものです。
そのため、小さな筋肉を動かすだけでは、短時間にこの心拍数にはならないでしょう。
一度に

  • 大きな筋肉
  • たくさんの筋肉

を動かすトレーニングがおすすめです。
例えば

などです。

非常にキツイトレーニングですが、効果が高く達成感を感じられるトレーニングです。

筋トレ後や筋トレの休みの日に、トレーニングしてみてください。

重いロープを上下や左右に振ってトレーニングするバトルロープトレーニング。ジムでもトレーニングできるようになっているところもあります...
筋肉をつけたいときに有酸素運動はできるだけしたくないものです。有酸素運動をしすぎると筋肉は落ちていき、余計に脂肪が落ちにくい体にな...


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする