自宅でウエイトトレーニングをするときのダンベルの選び方

自宅でウエイトトレーニングをするときのダンベルの選び方ダンベルは、スクリュータイプのラバー付きがおすすめです。

私は、自宅でウエイトトレーニングをしています。

ダンベルやバーベルを使い、軽い重量でのトレーニングです。

今は、ダンベルやバーベルも、かなり安く買えるようになっています。

ジムなどで、トレーニングの仕方やフォームを学んだら、自宅でトレーニングをするのも、一つの手だと思います。

スポンサーリンク

自宅でトレーニングするメリット

自宅であれば、

  • 好きな時間帯にトレーニングができる
  • 順番待ちをする必要がない
  • 経済的である

というメリットが有ります。

では、ダンベルを購入するとき、どんなダンベルを選べばいいのでしょうか?

どのダンベルも、だいたい似ているような感じですが、自宅でトレーニングするなら2つ気をつけるといいと思います。

ダンベルを固定する方法

ダンベルの重りのプレートをダンベルに固定する必要があります。

それを固定する時に、2つの方法があります。

  • スプリング型
  • スクリュー型

です。

スプリング型は、このような

スプリングでウエイトを固定します。

スクリュー型はこのような

ダンベルの選び方 スクリュー型

ネジを止めるような形で、プレートを固定します。

私は、スクリュー型を使っています。

その理由は、安全性です。

スクリュー型のほうがトレーニングに集中できる

ダンベルを水平に持ってトレーニングするときはいいのですが、垂直に持ってトレーニングするときは、スプリングだと、プレートが落ちてこないか心配になります。

ハンマーカールやダンベルプルオーバーなどのトレーニングをする時には、特に心配で、トレーニングに集中ができなくなってしまいます。

ハンマーカール

ダンベルプルオーバー

スクリュー型であれば、安心でき、集中してトレーニングをすることができます。

スプリングは、プレートの入れ替えをする時に、時間がかかりませんので、そこを重視するならおすすめだと思います。

プレートはラバー付き

ダンベルの重りの部分のプレートですが、こちらは、プレートがむき出しのままのものと、ゴムで覆っているものとがあります。

ノーマル

ダンベルプレートノーマル

ラバー付き

ダンベル ラバー付き

室内なら絶対にラバー付き

もし、室内でトレーニングをされるのであれば、絶対に、ゴムで覆っているラバー付きがおすすめです。

もし、ノーマルのものを使っていると、床は傷だらけになります。

また、床にダンベルをおいた時の音も大きいので、周りの人の迷惑にもなります。

室内でトレーニングされるのであれば、ラバー付きを選びましょう。

もし、外でトレーニングをしたり、室内でも、床にラバーマットを敷いていたりするのであれば、ノーマルのもののほうが価格が安いので、そちらがいいでしょう。

松下一生の無料メールマガジンの登録はこちら

筋トレ初心者が筋肉を大きくするトレーニングと食事の無料メール講座

理想の体型を作るトレーニング方法とは?

業界最安値のおすすめのプロテインはこちら

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加