プル系のトレーニングにおすすめのリストストラップとその巻き方

背中のトレーニングの時はリストストラップがおすすめです。

背中のトレーニングをするとき、引っ張るような動作のプル系のトレーニングが多くあります。

その時に、背中の筋肉を限界に追い込まないといけません。

しかし、先に、握力が限界に達してしまったり、前腕が限界に達してしまったりします。

それでは、背中のトレーニングではなく、握力や前腕のトレーニングになってしまい、背中の筋肉が発達していきません。

スポンサーリンク

リストストラップがおすすめ

そこで、使われるのがリストストラップです。

これは、私が使用しているリストストラップです。

プル系のトレーニングにおすすめのリストストラップとその巻き方

これを使用すれば、背中を限界まで追い込みやすくなります。

また、使ってみるとよくわかりますが、ダンベルやバーベルを握りこまなくていいので、背中の筋肉に集中してトレーニングすることができます。

リストストラップの使い方は、こちらの動画が非常に参考になりますのでご覧ください。

リストストラップの使い方動画

握力は握力をつけるトレーニングで

  • リストストラップを使わないほうが、握力がついていい

という人もいらっしゃいます。

しかし、握力は、握力をつけるトレーニングで、つけていくほうがいいでしょう。

トレーニングするときは、できるだけ、トレーニングをする対象の筋肉のみを使うほうが、筋肉を追い込みやすくなります。

そのため、多くのトレーニングで、リストストラップを使うようにしています。

そんなに高価なものではないので、トレーニングをされる方は、購入しておくことをおすすめいたします。

リストストラップを購入するならこちらがオススメ

アップライトローイングの主動筋に効かせるコツとは?
バーベルを両手で持ち、腰の前から胸まで引き上げて降ろすトレーニングのアップライトローイング。主動筋は三角筋僧帽筋 になります。しかし、アップライトローイングには三角筋によく効くフォーム僧帽筋によく効くフォー...
レジスタンスバンドチンニングで懸垂ができない人もトレーニングができる!
逆三角形の体を作る上で重要な広背筋。その広背筋を鍛えるトレーニングで効果的なのがチンニングです。自重トレーニングでありながら、筋肉への刺激は非常に強く、筋肉の専門家のボディビルダーも積極的に取り入れているトレーニングです。しかし筋...

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

スポンサーリンク
トレーニング健康
スポンサーリンク
松下 一生をフォローする
スポンサーリンク
愛南町社長ブログ
タイトルとURLをコピーしました