あなたの睡眠不足によって25万5600円の損失が出ています

睡眠の質を上げる睡眠不足によって25万5600円損をしています。

さまざまな理由から睡眠不足になっている人は多いのではないでしょうか?

その睡眠不足によって、遅刻をしてしまったり、早退をしてしまったり、仕事の作業効率が落ちてしまったりします。

また、居眠りや不注意による交通事故もおきます。

そのことにより、日本大学(医)精神神経医学教授の内山 真医師によれば、

「眠気に問題のある人とない人の頻度の差」に「眠気のある時の作業効率の低下率」と「年間給与」を掛けて、一人あたりの年間生産損失額を割り出していくと、男性で25万5600円、女性で13万7000円がはじきだされた。

睡眠に問題のある労働者全体の経済損失額は、この数字から、約3兆665億円と推計された。

一方、睡眠が原因の欠勤、遅刻、早退回数それぞれに給与を掛け合わせた年間損失額は、総額1,616億円と試算され、不眠・寝不足などによる交通事故の損失額は2,413億円となる。これらを合算すると4,029億円にも達する。

こうした損失額を総合計すると約3兆5千億がはじきだされていく。

睡眠不足は、社会にとっても、会社にとっても、本人にとっても、大きな損失になっています。

また、睡眠不足は体脂肪減少を阻む原因にもなっています。

ある研究によると、被験者に食事制限を行い、睡眠時間を削った人は、睡眠時間を十分にとっている人よりも、体脂肪の減少が55%以上も低下したことがわかっています。

健康のためにも、体型維持のためにも、お財布のためにも、しっかり質のいい睡眠を取りたいですね。

スポンサーリンク

質のいい睡眠をとるには?

7時間以上の睡眠時間を確保することは当然ですが、では、質のいい睡眠をとるにはどうすればいいのでしょうか?

それには、いろいろと気をつけないといけないポイントがあると思います。

ここでは代表的なものを紹介いたします。

運動をする

適度な運動をすることによって、体は疲労し、睡眠に入りやすくなります。

寝る直前の運動は、体を目覚めさせるので、朝起きたときや、夕方までに運動することをおすすめいたします。

できるだけ暗闇にする

光を感じるだけで、睡眠の質は低下してしまいます。

そのため、できる限り光の入らない遮光カーテンなどにして、電気も消して、真っ暗闇の何も見えない状態にしましょう。

自分に合った寝具にする

自分の体に合わない寝具ですと、寝ている間に、ムダなところの筋肉に負担がかかった状態になり、睡眠を妨げます。

おすすめなのは、固い敷布団やマットを選ぶことです。

柔らかいものは、体が沈んでしまい、体の修正を行う寝返りを打つことができません。

固いものですと、寝返りが打ちやすく、自分のいい体勢を保つことができます。

寝る3時間前までに食事を終える

消化には大きなエネルギーを使います。

その状態で寝てしまうと、消化にエネルギーをとられて、睡眠に集中できません。

できるだけ3時間前までには食事を終えましょう。

もし、どうしても寝る前に、お腹がすいてガマンできないときは、消化のいい果物を食べるようにしましょう。

頭の周辺に電化製品を置かない

携帯電話やテレビなどの電化製品からは、電磁波が出ています。

その電磁波は脳に悪影響を与えるといわれています。

できるだけ、頭の周辺には電化製品を置かないか、携帯なら電源を切ったり、コンセントを抜いたりするようにしましょう。


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加