レジスタンスバンドチンニングで懸垂ができない人もトレーニングができる!

逆三角形の体を作る上で重要な広背筋。
その広背筋を鍛えるトレーニングで効果的なのがチンニングです。
自重トレーニングでありながら、筋肉への刺激は非常に強く、筋肉の専門家のボディビルダーも積極的に取り入れているトレーニングです。
しかし筋力が弱い初心者は、トレーニングができません。
負荷が大きすぎるからです。
自重トレーニングは、負荷の調整ができません。
初心者は懸垂の負荷よりも、筋力が弱いためにチンニングができないのです。
また、体重がありすぎる人もできないでしょう。
広背筋を鍛えるいいトレーニングなのに、できないというのはもったいないことです。
そこでオススメなのが

  • レジスタンスバンドを使ったチンニング

です。
レジスタンスバンドやトレーニングチューブなどを使って、チンニングを行うときの負荷を軽くするのです。
これで、

  • 筋力が弱い女性や筋トレ初心者
  • 体重が重すぎる人

もチンニングができるでしょう。
そこでレジスタンスバンドを使ったチンニングのやり方を紹介いたします。

レジスタンスバンドを使ったチンニングのやり方

レジスタンスバンドの準備

レジスタンスバンドやトレーニングチューブの端を結んで輪っかにします。
レジスタンスバンドを購入するならこちらがオススメ

チンニングバーの真ん中に結んで固定します。
チンニングスタンドを購入するならこちらがオススメ

これで準備完了です。

レジスタンスバンドに脚を引っ掛けてチンニング

レジスタンスバンドの輪っかになった部分に片脚を引っ掛けます。

その上にもう片方の脚を引っ掛けます。

このままチンニングを行います。

レジスタンスバンドの引き上げる力がありますので、負荷が軽くなります。
もし、これでもできない場合は、

  • レジスタンスバンドを短くする
  • レジスタンスバンドの本数を増やす

などをして、さらに負荷を軽くしてあげましょう。

広背筋の追い込みにもおすすめ

レジスタンスバンドチンニングのトレーニングは、筋力が弱い方のためだけではありません。
普通にトレーニングできる方にもおすすめです。
通常のチンニングを行い、もうこれ以上できないという限界になったら、レジスタンスバンドを使ったチンニングを行うのです。
これで、広背筋をオールアウトさせるまで追い込むことができます。
レジスタンスバンドは安価に手に入りますし、自転車のタイヤのチューブでも代用可能です。
ぜひ試してみてください。

上半身の筋肉はチンニングとディップスのトレーニングがおすすめです。 鍛え抜かれた逆三角形の体型は、相手にいい印象を与えます。 ビジネスで...
腕相撲で強くなるには、 テクニック筋力 が重要になります。普通の人が腕相撲をする場合、相手もテクニックを知らないこと...


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする