ディップススタンドとして代用できるものとは?

上半身のスクワットともいわれるディップス。

  • 大胸筋
  • 上腕三頭筋
  • 三角筋

を鍛えてくれます。

自重でするトレーニングですが、負荷は非常に高く、ディップスだけでも鍛えられた上半身を作ることはできます。
ディップスの効果的なやり方はこちらを参考にしてみてください。

そんな上半身のやっておきたいディップストレーニングですが、そのトレーニングをするにはディップススタンドが必要になります。
ジムに行けば当然あるのでしょうが、ジムに行っていない人は、

  • ディップススタンドを購入する
  • ディップススタンドの代わりになるものを使う

ということになります。
そこで、ディップススタンドとして代用できるものを紹介いたします。

スポンサーリンク

ディップススタンドとして代用できるもの

椅子

チェアーディップスというもので、椅子を使ったディップスです。
椅子の背もたれ部分を向かい合わせて、背もたれ部分に手をかけてディップスを行います。

背もたれ部分の耐久性に問題があったり、バランスを崩したりすることがありますので、注意してトレーニングします。
ケガをすることもありますので、あまりオススメしません。
詳しくはこちらを参考にしてみてください。

ディップスを椅子で行うのは危険なのか?注意する点とは?
大胸筋下部と上腕三頭筋を鍛える上で、強い負荷と刺激を与えられるトレーニング種目のディップス。トレーニング上級者で、ディップスを取り入れている人も多くいます。しかしディップスのトレーニングをするには、ディップススタンドが必要...

同じ高さの机を2つ用意して並べます。
その間に入って、机の天板部分に手をおいてディップスを行います。

セーフティスタンド

ベンチプレスで潰れたときに、バーベルで潰されないようにするセーフティスタンド。
これをディップススタンドとして使うことができます。

公園の平行棒 や遊具

公園には鉄棒や平行棒が設置されているところがあります。
この平行棒を使えば、安全にディップスを行うことができます。
また、ロシアンディップスのような、少し動きの必要なディップスもできますので、おすすめです。
ロシアンディップスのやり方はこちらをご覧ください。

ロシアンディップスのやり方と効果とは?
ディップスといえば大胸筋下部上腕三頭筋 を鍛える代表的なトレーニングです。大胸筋下部を狙うのか?上腕三頭筋をねらうのか? で、多少フォームが違ってきますが、大きな違いはありません。ディップスの詳しい...

脚立

同じ高さの脚立が2つあれば、それを並べてディップススタンドとして使うことができます。

ディップススタンドは安い

とりあえず、同じ高さのもので手をおいて壊れないようなものがあれば、ディップススタンドとして使うことができます。
しかし、ディップス専用似できているものではありませんので、

  • 壊れる
  • バランスが崩れる

などをして、ケガをすることもあります。

やはり、専用のディップススタンドを購入するのがおすすめです。
ディップススタンドは、それほど高いものではありません。
5000円以下で販売されているものもあります。

また、チンニングとディップスができるチンニングスタンドも8000円ほどで購入できます。


私は、チンニングスタンドを購入して、ディップスとチンニングをしています。
買ってよかったと思っています。
私が購入したチンニングスタンドはこちらです。

やはり専用の器具のほうが使いやすく、安心して使うことができます。
ぜひ、購入して使ってみてください。

ディップスは前傾姿勢にすることで、大胸筋下部に刺激が入ります。
しかし初心者にとって、この前傾姿勢は難しいものです。
前傾姿勢のコツをこちらで紹介していますので、参考にしてみてください。

ディップスの前傾姿勢を保つコツとは?
大胸筋下部や上腕三頭筋を鍛えるトレーニング種目のディップス。自重トレーニングですが、非常に大きな負荷をかけられ、刺激も強いので、ボディビルダーもよく行っている種目です。そんな大胸筋下部のオススメの種目なのですが...

初心者は1回もディップスができないこともあります。
そのような方は、こちらを参考にしてみてください。

ディップスだけでも大胸筋は発達するのか?具体的な鍛える方法とは?
上半身の自重トレーニングで、効果的で欠かせないものといえば ディップスでしょう。上半身のスクワットといわれ、上半身の筋肥大に大きく役立ちます。特に 大胸筋(胸)の発達には、効果の高い種目で、多くのボディビルダ...

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら


スポンサーリンク
トレーニング健康
スポンサーリンク
松下 一生をフォローする
スポンサーリンク
愛南町社長ブログ
タイトルとURLをコピーしました