ダンベルを使ったプルオーバートライセプスエクステンションのやり方

スポンサーリンク

腕を太くするために鍛えておきたい筋肉の上腕三頭筋。
その上腕三頭筋の中でも大きな筋肉の長頭は、効率よく腕を太くするためにトレーニングをしておきたい筋肉です。
その上腕三頭筋の長頭を鍛える、おすすめのトレーニングが

  • プルオーバー・トライセプス・エクステンション

です。

EZバーを使ってトレーニングすることが多いのですが、自宅でトレーニングしている人は、ダンベルしか持っていないという人も多いでしょう。

そこで、

  • ダンベルを使ったプルオーバー・トライセプス・エクステンションのやり方

を紹介いたします。
ダンベルとベンチがあればトレーニングできますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
プロテインやEAAを安く購入する方法

プロテインやEAAを激安で購入できるマイプロテイン。
こちらのリンクから購入すれば、さらに500円割引で購入することができます。
ぜひ、ご利用ください。
マイプロテインのサプリメントを500円割引で購入するならこちら

プロテインやEAAを安く購入する方法

プロテインやEAAを激安で購入できるマイプロテイン。
こちらのリンクから購入すれば、さらに500円割引で購入することができます。
ぜひ、ご利用ください。
マイプロテインのサプリメントを500円割引で購入するならこちら

プルオーバー・トライセプス・エクステンションのやり方

上腕三頭筋の長頭は、腕を頭の方に持ってきて肘を曲げることで、ストレッチさせることができます。
ただ肘を曲げるだけでは、ストレッチができないのです。

そのためスカルクラッシャーのような、上腕を固定したトライセプスエクステンションでは、長頭は鍛えられません。
プルオーバーのような、上腕を頭の方へ倒す動作を加えることで長頭をストレッチでき、鍛えることができます。

大胸筋や広背筋を鍛えるダンベルプルオーバーはこちらです。

プルオーバー・トライセプス・エクステンションの動画

プルオーバー・トライセプス・エクステンションのやり方

  1. フラットベンチに寝転がり、手のひらを足側に向けて、胸の前で肘を伸ばしてダンベルを持ちます。
  2. 手のひらを向かい合わせるようにしながら、肘を曲げていきます。それに合わせて上腕も頭側に倒していくようにします。
  3. ダンベルが頭の下側まできたら、上腕を起こし肘も伸ばしてダンベルを上げていきます。
  4. これを繰り返していきます。
スポンサーリンク

上腕三頭筋は長頭の筋トレをする

上腕三頭筋の短頭である

  • 内側頭
  • 外側頭

は、肘を曲げ伸ばしをすることで、鍛えることができます。

そのため、ダンベルプレスやダンベルベンチプレスなどのプレス系の種目で、普段から刺激が入ります。

しかし、長頭は肘の伸展だけでなく、肩関節の伸展も必要になります。
そのため、普段はあまり刺激がありません。

上腕三頭筋のトレーニングをするのであれば、普段から刺激の入りやすい短頭ではなく、長頭を鍛えていく必要があります。
今回紹介した

  • プルオーバートライセプスエクステンション

  • フレンチプレス

は、長頭を鍛えるトレーニングとなっています。

上腕三頭筋の筋トレをするときには、このような種目は積極的に取り入れておきたいものです。
また長頭を鍛えるトレーニングプラス、短頭を鍛えるトレーニングも組み合わせることで、上腕三頭筋を立体的に作り上げることができます。
自宅でできるダンベルを使った上腕三頭筋のトレーニングは、こちらを参考にしてみてください。

肩こり・腰痛・ぎっくり腰なら松下整体に今すぐ電話!愛南・宇和島・宿毛・大月・四万十・土佐清水へ出張可能
もし、肩こりや腰痛などの体の痛みに悩んでいるのであれば、松下整体を試してみてください。 肩こりや腰痛などの原因となる、首や腰などの骨のズレを戻し、筋肉をほぐして再発しにくい体にしていきます。 ぎっくり腰の急性の痛みも、楽にいなると思います。 痛みが発生してから時間が経つほど痛みを取り除くのが困難になっていきますので、痛みを感じているのであれば、今すぐご相談ください。
タイトルとURLをコピーしました