ディップスを椅子で行うのは危険なのか?注意する点とは?

大胸筋下部と上腕三頭筋を鍛える上で、強い負荷と刺激を与えられるトレーニング種目のディップス。
トレーニング上級者で、ディップスを取り入れている人も多くいます。
しかしディップスのトレーニングをするには、ディップススタンドが必要になります。
宅トレなどのホームトレーニーは、ディップススタンドを持っていない人もいるでしょう。
そこでよく紹介されているトレーニングがあります。
それが、

  • 椅子を使ったチェアーディップス

です。
どこの家庭にでもある椅子の背もたれを使ったディップスです。
背もたれを向かい合わせて、その背もたれをスタンド代わりにするのです。
自宅にあるものでできますし、手幅なども自由に変えられますので、やっている人も多いのではないでしょうか?
しかし、これには大きな危険が伴います。
怪我をする可能性も高い行為です。
その危険性を紹介していきます。

スポンサーリンク

椅子を使ったディップスの危険

バランスを崩す

椅子というのは通常、座面に重さがかかることで安定するように作られています。
背もたれ部分に力が加わることを想定していません。
背もたれに少し横から力を加えると、椅子は倒れてしまいます。
チェアーディップスを行う場合、筋力のあるうちは垂直方向に力が加わり、安定した状態にあります。
しかし限界に近づいてくると、力の方向が乱れます。
そうなると、椅子が傾く可能性が非常に高いのです。
少しでも傾くと、バランスを崩してケガにつながるでしょう。
また、バランスを崩してしまうと思うと、限界までトレーニングを続けることは難しくなります。
トレーニングのパフォーマンスが落ちるのです。
怪我のリスクも高く、トレーニングのパフォーマンスも落ちるというデメリットがあるわけです。

椅子が壊れてしまう

座面は人間の体重がかかる想定で、丈夫に作られています。
しかし背もたれは、そのような想定をしていないため、ディップスの負荷に耐えられるよかどうかはわかりません。
耐えられるかもしれませんが、耐えられない椅子もあるでしょう。
もし耐えられない椅子で壊れてしまった場合は、ケガのリスクが非常に高くなります。
「壊れるかもしれない」
と考えていると、トレーニングにも集中ができないでしょう。

宅トレでもディップススタンドを準備する

もし自宅でディップスをしたいのであれば、必ずディップススタンドを用意するようにしましょう。
ディップススタンドは、安いものなら5000円以下で購入することができます。
ディップススタンドを購入するならこちらがオススメ
また、チンニングスタンドと一体化されているものもあります。
それだけで、チンニングとディップスで、上半身の筋肉に十分な刺激を与えることができるでしょう。
もちろんディップスの負荷にも耐えられるように作られています。
安心して限界までトレーニングもできます。
それだけのメリットがありますので、購入してトレーニングするほうがいいのではないでしょうか?
特にトレーニング初心者なら、ディップスとチンニングだけで、それなりの体は作ることができます。
おすすめですよ。

ディップスだけでも大胸筋は発達するのか?具体的な鍛える方法とは?
上半身の自重トレーニングで、効果的で欠かせないものといえば ディップスでしょう。上半身のスクワットといわれ、上半身の筋肥大に大きく役立ちます。特に 大胸筋(胸)の発達には、効果の高い種目で、多くのボディビルダ...
ディップスの前傾姿勢を保つコツとは?
大胸筋下部や上腕三頭筋を鍛えるトレーニング種目のディップス。自重トレーニングですが、非常に大きな負荷をかけられ、刺激も強いので、ボディビルダーもよく行っている種目です。そんな大胸筋下部のオススメの種目なのですが...

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

スポンサーリンク
トレーニング健康
スポンサーリンク
松下 一生をフォローする
愛南町社長ブログ
タイトルとURLをコピーしました