素人でもできるMIWAの鍵LSPシリンダー部分の交換方法とは?

先日入居者様から

「玄関の鍵が回らなくなった」

と連絡がありました。
現地に行ってみて確認してみると、鍵が壊れているようでした。

このような場合、鍵のシリンダー部分を交換する必要があります。

鍵交換は難しいように感じるかもしれませんが、種類によっては素人でもかんたんにできます。

しかも必要な道具はプラスドライバー1本。

賃貸している物件の鍵はMIWAのLSPという鍵で、こちらは簡単に交換ができますので、その方法を紹介いたします。

<おすすめ>
ダンベルでトレーニングをするときにストレスとなるのが、ウエイトの変更です。 セットごとに重量を変えるとなると、それだけで多くの時間を要します。
そこでおすすめなのが可変式のダンベルです。 ダイヤルを合わせるだけで、一瞬にして希望のウエイトに変更ができてしまいます。
自宅でトレーニングするなら持っておきたいアイテムですね。
<おすすめ>
ダンベルでトレーニングをするときにストレスとなるのが、ウエイトの変更です。 セットごとに重量を変えるとなると、それだけで多くの時間を要します。
そこでおすすめなのが可変式のダンベルです。 ダイヤルを合わせるだけで、一瞬にして希望のウエイトに変更ができてしまいます。
自宅でトレーニングするなら持っておきたいアイテムですね。

鍵の型番の確認方法

鍵を交換するとき、まず鍵の型番を知る必要があります。

鍵の型番は玄関ドアの側面部分に書いてあります。

写真のようにこちらのシリンダーは

  • MIWAのLSP

ということがわかるでしょう。

これと同じ鍵をホームセンターやネットで探して購入します。

単純なものから防犯性の高いもの

まで種類があり、目的に応じて購入するといいでしょう。

MIWA LSPの鍵交換方法

型番によって交換方法は違います。

ここではLSPの交換方法を紹介いたします。

サムターン部分のネジを緩める

玄関ドアの内側のサムターン部分はネジで止めてあります。
これをプラスドライバーを使って緩めて外していきます。

サムターンとシリンダーをドアから外す

ネジを緩めて外したら

  • サムターン
  • シリンダー

を外すことができます。

サムターン部分とネジは使うことに鳴りますので保管しておきましょう。
壊れたシリンダーは自治体の方法によって廃棄します。

新しいシリンダーとサムターンを取り付ける

新しいシリンダーを箱から出します。

写真の赤丸にある

  • シリンダーの突起部分
  • ドアの穴部分

を合わせます。
合わせたら内側からサムターン部分も合わせ、ネジをプラスドライバーで締めて取り付けます。

シリンダーを時計回りに回してドアに密着させる

サムターンとシリンダーを取り付けたら、シリンダーとドアの隙間ができていますので、密着させるようにします。

方法は簡単で

  • シリンダーを時計回りに回す

だけです。

これでドアに密着して、しっかりと固定された状態に鳴ります。

施錠と解錠ができるか確認する

これで取り付けは終了です。

あとは

  • 施錠
  • 解錠

  • サムターン

でできるか確認しておきましょう。

問題なければこれで完成です。

賃貸物件は大家か管理会社に確認

鍵交換はやってみると意外とかんたんです。

今回の交換にかかった時間は5分ほどだったと思います。

  • 難しいから

と敬遠してしまっていた人も試してみてはいかがでしょうか?

賃貸物件の場合は、勝手に鍵を交換する事はできません。

必ず

  • 賃貸人
  • 管理会社

に連絡して了解をもらってからにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました