ジロンダディップスのやり方と効果とは?

大胸筋や三角筋、上腕三頭筋のトレーニングとして、ディップスを取り入れている人は多いと思います。

上半身のスクワットと言われるほどで、上半身を鍛えるのに効果の大きいトレーニングとして知られています。

筋肉のプロのボディビルダーも取り入れているトレーニングで、上半身のトレーニングは、このディップスとチンニングだけでも、立派な上半身を手に入れることは可能でしょう。

上半身の自重トレーニングで、効果的で欠かせないものといえば ディップス でしょう。 上半身のスクワットといわれ、上半身の...

そのディップスですが、やはりそれだけでは刺激がマンネリ化して、筋肉が発達しにくくなったり、同じ場所の筋肉にしか刺激が入らなかったりします。

通常のディップスは、大胸筋の下部を鍛えるトレーニングです。

お腹と胸の境目をハッキリさせるには、この大胸筋の下部を鍛えることで、できてきます。

しかし、下部だけ鍛えていては、かっこいい大胸筋は作り上げることができません。

やはり大胸筋上部や中部も鍛える必要があるでしょう。

そのためダンベルフライやベンチプレスなどのトレーニングをするのですが、バーベルやダンベル、ベンチなどの器具が自宅にない人もいるでしょう。

自宅で自重トレーニングのディップスだけで、上半身の筋肉を十分に発達させることはできないものなのでしょうか?

上半身の筋肉はチンニングとディップスのトレーニングがおすすめです。 鍛え抜かれた逆三角形の体型は、相手にいい印象を与えます。 ビジネスで...

大胸筋上部はジロンダディップスが効果的

そこで普段やっているディップスに加えてほしいのが

  • ジロンダディップス

です。

ジロンダディップスは、大胸筋上部と中部に刺激が入るトレーニングです。

しかも通常のディップスと比べて強度が高く、通常のディップスにウエイトをぶら下げる加重ディップスをやっている人でも、自重だけで強い刺激を得ることができるでしょう。

通常のディップスでは強度が低いと感じるようになってきたら、是非試してみてほしいトレーニングです。

ジロンダディップスを行うことで、胸の厚みが増してくるのは間違いないでしょう。

太い腕 厚い胸板 は男の象徴です。 胸板を厚くするには、胸の筋肉だけでなく、背中の筋肉も発達させる。腕も力こぶの二...

ジロンダディップスのやり方

通常のディップススタンドに、ディップスを行うときと同じようにバーを握ります。

通常のディップスは、脚を体の後ろでクロスさせますが、ジロンダディップスは、足を揃えて体よりも前に出します。

脚を伸ばして行いますが、きつい場合は脚を曲げてクロスさせて行います。

顎は引いた状態で、胸につくほどにしておきます。

背中を少し曲げるような状態にします。

この姿勢を保ったままディップスを行います。

 

もしできないようでしたら、通常のディップスで、しっかりとした筋肉をつけてから行うようにしましょう。

足の下などに台などを置いて立ち上がり、身体を上げた状態から下ろす動作のみのネガティブトレーニングを行って、ジロンダディップスに必要な筋肉をつけることで、できるようにもなってきます。

ぜひ試してみてください。

筋肉を大きくするためには、短時間のトレーニングで十分です。 というより、短時間のトレーニングにすべきでしょう。 今年は、筋肉を大きく...

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする