ビハインドバーベルシュラッグのメリットとは?

僧帽筋を鍛える種目として有名なのがバーベルシュラッグ。
バーベルを体の前に持ち、僧帽筋を使って上下させるトレーニングです。
そのシュラッグですが、他にも

  • ダンベルで行うダンベルシュラッグ
  • 体の後ろにバーベルを持って行うビハインドベーベルシュラッグ

などがあります。
動作は似ているのですが、どのような違いがあるのでしょうか?
そこで、バーベルを体の後ろに保持して行う、ビハインドベーベルシュラッグのメリットを紹介いたします。

ビハインドバーベルシュラッグのメリット

僧帽筋は大きな筋肉で

  • 上部
  • 中部
  • 下部

の3つに分けられます。
シュラッグは、首の付け根から肩にかけてある僧帽筋上部を鍛えるイメージがあります。
確かに僧帽筋上部を鍛えるのですが、収縮時に肩甲骨も寄せて、中部、下部も鍛えるトレーニングでもあります。

しかし、バーベルを前に持って行う通常のシュラッグでは、その収縮を得にくいのです。
特に初心者は、上部ばかりに意識がいってしまい、うまく中部・下部を収縮できません。

僧帽筋中部・下部に収縮を得やすい

それに比べて、ビハインドベーベルシュラッグは、手を後ろに持っていくため、それだけで肩甲骨を寄せることができます。
僧帽筋の中部・下部をしっかりと収縮させることができます。

初心者にとっては、通常のシュラッグでは難しい、肩甲骨を寄せて収縮させるという動作を覚えることができます。
これが、ビハインドベーベルシュラッグの大きなメリットです。

ビハインドベーベルシュラッグの動画

スミスマシンがあれば、スミスマシンの方がやりやすいです。
もちろんフリーウエイトのバーベルでもトレーニングできます。

僧帽筋中部・下部を鍛えて背中の厚み凸凹感を作ろう

僧帽筋の中部・下部を鍛えることによって、背中の厚みができます。
大胸筋も鍛えることによって、体の厚みができます。
また裸になったときに見える、背中の筋肉の凸凹感も作ることができます。
男性にとって、このような

  • 体の厚み
  • 筋肉の凸凹感

というのは、逞しい印象を与えます。
男性は特に鍛えておきたい筋肉です。
ぜひ、普段のメニューに取り入れてみてください。

背中やハムストリングスなどに効果的なトレーニングで、代表的なものといえばデッドリフトでしょう。高重量が扱えるため、ターゲットとす...
筋トレの目的は、その人によって様々だと思います。 健康のため老化予防のためダイエットのためスポーツパフォーマンス向上のため...
宅トレで背中の自重トレーニングをするとき、効果的なのはチンニングです。しかし、チンニングだけでは刺激がマンネリ化してきます。そこで...


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする