ビハインドバーベルシュラッグのメリットとは?

スポンサーリンク

僧帽筋を鍛える種目として有名なのがバーベルシュラッグ。
バーベルを体の前に持ち、僧帽筋を使って上下させるトレーニングです。
そのシュラッグですが、他にも

  • ダンベルで行うダンベルシュラッグ
  • 体の後ろにバーベルを持って行うビハインドベーベルシュラッグ

などがあります。
動作は似ているのですが、どのような違いがあるのでしょうか?
そこで、バーベルを体の後ろに保持して行う、ビハインドベーベルシュラッグのメリットを紹介いたします。

スポンサーリンク
プロテインやEAAを安く購入する方法

プロテインやEAAを激安で購入できるマイプロテイン。
こちらのリンクから購入すれば、さらに500円割引で購入することができます。
ぜひ、ご利用ください。
マイプロテインのサプリメントを500円割引で購入するならこちら

プロテインやEAAを安く購入する方法

プロテインやEAAを激安で購入できるマイプロテイン。
こちらのリンクから購入すれば、さらに500円割引で購入することができます。
ぜひ、ご利用ください。
マイプロテインのサプリメントを500円割引で購入するならこちら

ビハインドバーベルシュラッグのメリット

僧帽筋は大きな筋肉で

  • 上部
  • 中部
  • 下部

の3つに分けられます。
シュラッグは、首の付け根から肩にかけてある僧帽筋上部を鍛えるイメージがあります。
確かに僧帽筋上部を鍛えるのですが、収縮時に肩甲骨も寄せて、中部、下部も鍛えるトレーニングでもあります。

しかし、バーベルを前に持って行う通常のシュラッグでは、その収縮を得にくいのです。
特に初心者は、上部ばかりに意識がいってしまい、うまく中部・下部を収縮できません。

僧帽筋中部・下部に収縮を得やすい

それに比べて、ビハインドベーベルシュラッグは、手を後ろに持っていくため、それだけで肩甲骨を寄せることができます。
僧帽筋の中部・下部をしっかりと収縮させることができます。

初心者にとっては、通常のシュラッグでは難しい、肩甲骨を寄せて収縮させるという動作を覚えることができます。
これが、ビハインドベーベルシュラッグの大きなメリットです。

スポンサーリンク

ビハインドベーベルシュラッグの動画

スミスマシンがあれば、スミスマシンの方がやりやすいです。
もちろんフリーウエイトのバーベルでもトレーニングできます。

スポンサーリンク

僧帽筋中部・下部を鍛えて背中の厚み凸凹感を作ろう

僧帽筋の中部・下部を鍛えることによって、背中の厚みができます。
大胸筋も鍛えることによって、体の厚みができます。
また裸になったときに見える、背中の筋肉の凸凹感も作ることができます。
男性にとって、このような

  • 体の厚み
  • 筋肉の凸凹感

というのは、逞しい印象を与えます。
男性は特に鍛えておきたい筋肉です。
ぜひ、普段のメニューに取り入れてみてください。

バーベルだけでなく、ダンベルを使った背中のトレーニングも合わせて行うことで、効果的に背中を鍛えることができます。
ダンベルには、バーベルにないメリットもたくさんあります。
こちらを参考にしてみてください。

肩こり・腰痛・ぎっくり腰なら松下整体に今すぐ電話!愛南・宇和島・宿毛・大月・四万十・土佐清水へ出張可能
もし、肩こりや腰痛などの体の痛みに悩んでいるのであれば、松下整体を試してみてください。 肩こりや腰痛などの原因となる、首や腰などの骨のズレを戻し、筋肉をほぐして再発しにくい体にしていきます。 ぎっくり腰の急性の痛みも、楽にいなると思います。 痛みが発生してから時間が経つほど痛みを取り除くのが困難になっていきますので、痛みを感じているのであれば、今すぐご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました