肩甲下筋の筋トレサブスキャプラリスプルアップのやり方とは?

腕を前や横で振り下ろしたり、前へならえの肘を曲げた格好から前腕を内側に動かす筋肉の肩甲下筋。

  • テニス
  • バドミントン
  • 剣道

などのラケットスポーツや道具を振り下ろすスポーツ
バドミントンの上達法はこちら
剣道の上達方法はこちら

  • 野球
  • やり投げ

などのボールや道具を投げるスポーツ
やり投げの上達方法はこちら

  • アームレスリング(腕相撲)
  • 空手(打撃系格闘技)

などの腕を内側に動かすスポーツ
空手の上達方法はこちら

男なら誰もが一度は腕相撲をしたことがあるはずです。しかし、腕相撲が弱くてなかなか勝てない人もいるでしょう。ウエイトトレーニングな...

などにとっては、重要な筋肉になります。
そんなスポーツ動作で重要な肩甲下筋なのですが、強い負荷をかけた筋トレ方法はあまり知られていません。
一般的にはダンベルやゴムチューブなどでトレーニングしていきます。
それらの負荷を上げていくことで、スポーツに使えるような強い筋肉になっていくのですが、それらでは刺激が弱くなっていきます。
そこでオススメなのが、

  • サブスキャプラリスプルアップ

というトレーニングです。
懸垂(チンニング)動作に少し変化を加えたものです。
肩甲下筋に非常に強い刺激を与えてくれて、発達の大きな効果を出してくれるトレーニングです。
しかし、かなり上級者向けですので、自信のある方は挑戦してみてください。

肩甲下筋の筋トレ サブスキャプラリスプルアップのやり方

  1. チンニングのように体を引き上げていきます。
  2. 引き上げたら腕を伸ばしながら体を後ろに倒します。
  3. できるだけ体を水平にしていきます。
  4. そこからゆっくりと体を垂直に戻していきます。
  • 引き上げた体を後ろに倒すとき
  • 水平にした体を垂直にしていくとき

に負荷がかかりますので、勢いに任せず丁寧に動作することが重要です。

サブスキャプラリスプルアップは難易度が高い

このサブスキャプラリスプルアップは、非常に難易度の高いトレーニングです。
特に、体を水平に保つには、かなりの筋力が必要になります。
もし、それができないという場合は

  • 台に足を乗せる
  • 壁に足を引っ掛ける

などして体を水平にします。
そこからできる限りゆっくりと、体を垂直にしていく動作だけをしていっても、肩甲下筋にはかなり強い刺激が与えられます。
まだ、このトレーニングを取り入れていない方は、かなり強い刺激が得られますので、取り入れてみてください。

野球バレーテニスバドミントン空手剣道 などの腕を動かして行うスポーツやラケットを使うスポーツでは、非常に重要な役割を持って...
空手で突きの動作をするとき、腕や拳に力が入っているように思いますが、実は入っていません。相手に当たる瞬間に固定する必要があって力が...
筋肉の材料となるたんぱく質。いくら集中して激しいウエイトトレーニングをしても、この筋肉の材料となるたんぱく質がなければ、筋肉は大き...


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする