リストストラップをしてデッドリフトをすると手首が痛くなる原因とは?

背中のトレーニングで、背中の筋肉を追い込む前に、握力が限界を迎えてしまうのを防ぐリストストラップ。
これがあることで、背中の筋肉に意識を集中させてトレーニングすることができます。
背中のトレーニングで重要なリストストラップですが、デッドリフトなどで重量が増えてくると、リストストラップをしている手首の部分が擦れたように赤くなって痛くなります。
これは重量が増えてくれば増えてくるほど起こる問題です。
この
擦れる痛みを防ぐにはどうすればいいのか?
を紹介いたします。

スポンサーリンク

リストストラップでデッドリフトをしたときに擦れる痛みを防ぐ方法

手首ではなく手の根元付近で締める

手首がリストラップで擦れる原因は、リストストラップがバーベルの重さで移動することにあります。
強い力がかかったままリストストラップが動くので、皮膚が擦れてしまうのです。
手首の細い部分で締めてしまうと、まだ手の方へ移動してしまう可能性があります。

バーベルを持ったときに、それ以上リストストラップが下がらないようにする必要があります。
そこで手首から少し広がった手の付け根の部分につけるようにします。

しっかり手に締めてから巻きつける

リストストラップをつけたときに、手への締め付けがゆるいと、どうしてもズレてしまいます。
しっかりと手に締め付けてから、バーにリストストラップを巻くようにします。
先程書いたように、手首に巻いてしまうと骨の部分が多く、締めたつもりでも遊びの部分ができてしまいます。
手の根元であれば肉の柔らかい部分があるので、十分締め付けて固定することができます。

リストラップをする

それでも、どうしても擦れて赤くなってしまう人もいます。
その場合は手首を固定するために使うリストラップを巻いて、その上からリストストラップを巻くようにします。
リストストラップが手首の皮膚を保護してくれますので、多少リストストラップが動いても、皮膚が擦れることはありません。
上の2つのことを気をつけても擦れて痛い場合は、このリストストラップを巻いてみてください。
リストラップを購入するならこちらがオススメ

リストストラップを巻いてデッドリフトをしよう!

デッドリフトをするときにリストストラップが擦れて痛いのは嫌なことです。
しかし、このリストストラップをつけることで、高重量のデッドリフトやトップサイドデッドリフトを行うことができます。
また背中に意識を集中できることで、しっかりと筋肉に効かせることができます。
そのメリットを考えると、多少の痛みはガマンできるのではないでしょうか?
上の方法で少しは擦れて痛いのを防ぐことができます。
ぜひ、試してみてください。

プル系のトレーニングにおすすめのリストストラップとその巻き方
背中のトレーニングの時はリストストラップがおすすめです。背中のトレーニングをするとき、引っ張るような動作のプル系のトレーニングが多くあります。その時に、背中の筋肉を限界に追い込まないといけません。しかし、先に、握力が限界に達してしまっ...
リストストラップが滑る原因と対応方法とは?
チンニングやデッドリフトなどの背中のトレーニングに欠かせないリストストラップ。握力が先に限界を迎えないようにして背中を限界まで追い込む前腕筋などの筋肉の参加を減らしてターゲットの背中の筋肉への負荷を高める ために必...
トップサイドデッドリフトのやり方とは?背中に効かせるためのポイントとは?
背中やハムストリングスなどに効果的なトレーニングで、代表的なものといえばデッドリフトでしょう。高重量が扱えるため、ターゲットとする筋肉に、強い刺激を与えてくれます。そんなデッドリフトですが 腰に不安を抱えているハムストリ...

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

スポンサーリンク
トレーニング健康
スポンサーリンク
松下 一生をフォローする
スポンサーリンク
愛南町社長ブログ
タイトルとURLをコピーしました