腹筋100回できた?それでは腹直筋は発達しません!シットアップ(上体起こし)トレーニングのやり方

腹筋を鍛えるときにイメージするのは、学校でやる腹筋でしょう。

  • 上体起こし

  • シットアップ

などといいます。

学校や一般的にやっているやり方では、実は腹筋を鍛えるのに非効率です。

スポンサーリンク

100回できても自慢にならない

トレーニングするには、筋肉を緊張させた状態で動かす必要があります。

一般的なやり方では、力が抜ける瞬間がたくさんあり、なかなか腹筋を鍛えることができません。

連続で100回や200回できるのは、間違ったやり方をしていると思っていいでしょう。

一般的なやり方は、スタートポジションでは肩が床についた状態で、トップポジションでは、骨盤が床から離れています。

腹筋100回できた?それでは腹直筋は発達しません!シットアップ(上体起こし)トレーニングのやり方

腹筋100回できた?それでは腹直筋は発達しません!シットアップ(上体起こし)トレーニングのやり方

腹直筋の力が抜けている

これでは、お腹を触りながらやってみるとわかりますが、

  • 肩が床についたとき
  • 骨盤が床から離れたとき

に、腹直筋が緩んで力が抜けているのがわかります。

また、腰が伸びた状態で上下すると、腹筋の筋肉が動くのではなく、脚に負荷がかかるトレーニングとなってしまいます。

腹筋100回できた?それでは腹直筋は発達しません!シットアップ(上体起こし)トレーニングのやり方

シットアップで気を付けること

腹直筋を鍛えるためには

  • 骨盤を地面から浮かせない
  • 両肩を床につけない
  • 腰を丸める
  • 腹筋を収縮させて伸ばして動かす

ということが重要です。

腹筋100回できた?それでは腹直筋は発達しません!シットアップ(上体起こし)トレーニングのやり方

腹筋100回できた?それでは腹直筋は発達しません!シットアップ(上体起こし)トレーニングのやり方

可動域は狭いがきついトレーニング

写真を見てみると、普通の腹筋と比べて動かす範囲は、非常に狭くなります。

狭い範囲で体を丸めてしっかりと腹直筋を収縮させ、収縮させたまま伸ばしていくイメージで、スタートポジションに戻していきます。

勢いをつけたり、反動を使ったりしないように、動きをしっかりとコントロールしながらトレーニングします。

可動域が狭いので楽なように見えるのですが、普通の人であれば15回もできないくらいキツイトレーニングになります。

回数より筋肉に刺激を与える

目的は、状態を何回起こせるかを競うのではなく、

  • 腹直筋を限界まで疲労させる

ことです。

100回やっても、筋肉が疲労していなければ、発達しません。

回数は少なくても、限界まで疲労することで、筋肉は発達していきます。

そのためには、フォームが大切になりますね。

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加