腹斜筋の高負荷のトレーニングとは?強烈な筋肉痛になる腹筋種目です!

体を捻ったり横に倒したりするときにつかわれる筋肉の腹斜筋。
スポーツでも重要な筋肉で

  • 野球
  • ハンドボール
  • やり投げ

などの投げるスポーツ。
やり投げなどの陸上競技の上達方法のサイトはこちら

  • サッカー

などの蹴るスポーツ

  • バドミントン
  • テニス
  • 卓球

などのラケットを振るスポーツ
バドミントンの上達方法のサイトはこちら

  • ボクシング
  • 空手
  • 柔道

などの蹴る、突く、投げる動作の格闘技
空手や柔道などの上達方法のサイトはこちら
では、重要な筋肉となります。
鍛えておくことで、それらの競技でのパフォーマンスを上げることができます。
そこで、それらのスポーツを行っている人や、腹斜筋に大きな負荷をかけたトレーニングをしたいという方のために、

  • 自宅でできる腹斜筋の高負荷の自重トレーニング

を紹介いたします。

腹斜筋の高負荷トレーニングのハンギングワイパー

自宅でできる高負荷のトレーニングとは

  • ハンギングワイパー

です。
鉄棒やチンニングバーにぶら下がって、レッグレイズのように脚を上げて、車のワイパーのように左右に振っていくトレーニングです。
これをするだけでも結構な筋力が必要になるため、中級者以上のトレーニングになります。
当然、腹斜筋には大きな負荷のかかるトレーニングです。
やり過ぎると、次の日など腹筋が強烈な筋肉痛になり、お腹の調子が悪くなることもあります。
そのため、初めてトレーニングするときは、少ない回数から初めていくことをオススメいたします。

ハンギングワイパーのやり方

チンニングバーにぶら下がります。
脚を上げて、できるだけ体を床と平行になるように倒します。
脚は床に対して90度です。
このときに、体が床と平行にならずに立ったままだと、ハンギングワイパーが上手くできません。
この状態から脚を左右に倒して、車のワイパーのように動かしていきます。
できれば床と平行になる程度まで倒すといいでしょう。

・ディップススタンドでのハンギングワイパー

チンニングバーやパワーラックなどのぶら下がれる器具があればやりやすいのですが、自宅にそれらがない場合もあるでしょう。
ディップススタンドがあるのであれば、それを代用して行うこともできます。

ハンギングワイパーはリストストストラップを使ってもいい?

握力に自信がなくて、ハンギングワイパーのトレーニングに不安を感じている場合は、リストストラップを使うといいでしょう。
これなら握力が弱い人でも、ぶら下がることができますので、ハンギングワイパーに集中することができます。
リストストラップを使うことで、ハンギングワイパーの効果の影響はないので、もし心配であれば使ったほうがいいと思います。

背中のトレーニングの時はリストストラップがおすすめです。 背中のトレーニングをするとき、引っ張るような動作のプル系のトレーニングが多くありま...

スポーツをしているなら腹斜筋を強くしておこう!

様々な競技で必要とされる腹斜筋。
腹斜筋を鍛えるトレーニングは、いろいろありますが、このハンギングワイパーは、他のものより比べ物にならないほど高負荷です。
強い腹斜筋が求められるスポーツをしているのであれば、ぜひ、行ってみてください。
くれぐれも、初めのうちはやりすぎ注意です!

空手や格闘技では、腹筋は非常に重要な筋肉です。 相手のボディ攻撃への防御力を高める蹴りや突きの攻撃力を高める 防御力...
スポーツなどのパフォーマンスを向上させるには パワー スピード の2つをかけ合わせた瞬発力が重要です。 私も、娘が空...
通常のデッドリフトよりも足幅を広くして行うスモウデッドリフト。パワーリフティングの選手がよく行っています。パワーリフターはスモウデ...


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする