痩せ過ぎは長生きできる体型ではない!理想のBMIとは?

スポンサーリンク

毎日のようにダイエットのテレビ番組があり、本や雑誌でも、ダイエットの特集が多く取り扱われています。

確かに、日本では食べるものに困ることがなく、自分で食事をコントロールしないと、肥満になってしまいます。

そして太り過ぎは、外見が悪いだけでなく、生活習慣病などの様々な病気を引き起こすことも知られています。

そのためダイエットをして、体型を維持しようとしている人も多いでしょう。

しかし感じている人も多いと思いますが、あまりにも痩せすぎている人も、肥満と同様に多いです。

痩せている人は病気とは無縁で、長生きをするような気がします。

しかし、実際はどうなのでしょうか?

スポンサーリンク

体格を表すBMI

体格を表す指標としてBMIというのがあります。

健康診断の時に使われることもありますので、知っている人も多いでしょう。

  • 体重(キログラム)÷身長(メートル)の2乗

でBMIの数値がでます。

このBMIですが、理想は22といわれています。

痩せすぎはこの数値が16以下の場合です。

スポンサーリンク

BMIと死亡リスクの関係

アメリカの生命保険会社が400万人以上ものデータからBMIの数値ごとの死亡率を求めました。

理想的な体重
では人間ではやせていればいるほど健康にいいのか。もしそうでないなら、どの程度の体重であるのが医学的には理想なのでしょうか。米国では生命保険会社の400万人以上のデータから、体重(kg)を身長(m)の二乗で割って求めたBMI(体格指数)を身長とは無相関の肥満の指標として用い、各年代ごとに最も死亡率の低いBMIをもとめました。この結果、死亡率を縦軸、BMIを横軸にとった時、きれいなU字を描くことが示されました(図1)。
BMIの小さいやせた人では、肺炎や結核などの感染症の発病率が高く、BMIの大きな太った人では糖尿病や心臓病などの発病率が高くなります。
男女別に各年齢毎にこのようなグラフを作成し、死亡率の最も低い肥満度を求めてみると、この理想的な肥満度の値は加齢とともに大きくなっていることがわかりました(図2)。
男女で大きな差はなく、年齢とともにほぼ直線的に理想的なBMIの値が大きくなっていきます。長寿を目指すには、やせすぎず、また太りすぎず、年齢にあった理想的な肥満度を維持していくことが重要でしょう。

BMI

BMI

健康長寿ネット 長寿と栄養より引用

上のグラフは、60歳のBMIと死亡の関係を表したグラフです。

見ての通り、BMI27当たりが、一番死亡率が低くなっています。

そして、下のグラフが理想的な肥満度です。

50歳くらいまでは普通体重が理想ですが、60歳位になると少し体重が多いほうが理想といえます。

年齢を重ねるごとに、体重は増えている方が理想と言えるでしょう。

スポンサーリンク

BMIの数値だけでなく筋肉量にも注意する

またこの体重ですが、体重の多くが筋肉である方が理想と言えるでしょう。

60歳以降は少し体重が多いほうがいいでしょうが、大切なのはその体重の中身です。

多くの体重が脂肪で作られているのであれば、生活習慣病などのリスクは高くなるでしょう。

また脂肪が多いということは、筋肉が少ないということです。

体重が多いのに脚の筋肉が少なければ、寝たきりのリスクも高まるといえます。

筋肉でBMIの数値を上げていくことが大切です。

スポンサーリンク

筋トレをしてBMIの数値を上げる

ただ食べるだけでBMIの数値を上げても、健康的に長生きをすることはできません。

また痩せすぎでBMIが低すぎても、健康的に長生きすることはできません。

どちらも

  • 筋トレをしてタンパク質の多い食事をして筋肉を増やす

ことで解決することができます。

自宅のダンベルでできる大胸筋を鍛える筋トレメニューとは?
厚い胸板を作るために必要な大胸筋。大胸筋を鍛える筋トレとして有名なのはベンチプレスです。ジムに行っている人は、そのようなトレーニングができるかもしれませんが、自宅でトレーニングしている人は、なかなかできない人もいるでしょ...
なぜタンパク質の多い食事がいいのか?
摂取カロリーは同じでも、食事の内容で消費エネルギーは変わってきます。 筋肉を大きくする場合は別ですが、いい体を維持しようと思えば、やはり摂取カロリーが消費カロリーを、大きく上回らないようにしなければいけません。 そこでダイエットの多...

有酸素運動でもいいのでは?

と思うかもしれません。

しかし有酸素運動では筋肉は増えていきませんし、有酸素運動のやりすぎは、逆に筋肉を減らしてしまうことになります。

  • 筋トレをする
  • タンパク質の多い食事をする

ことで筋肉量を増やし、痩せすぎと脂肪による太り過ぎを防いでいきましょう。

筋肉がしっかりできてくると、体型もかっこよくなりますよ。

女性から見た理想の体型(メンズ)とは?
体型というのは人それぞれですが、女性から好まれる男性の体型というものがあります。男性にとっては、健康的な体型を得たいというのもあるかもしれませんが、やはり女性に好まれる体型というのを手に入れたいと思うでしょう。では、どのような体...
自宅でできるダンベルを使った上腕二頭筋の筋トレとは?
上腕の力こぶとなる上腕二頭筋。腕を曲げたときに、ボールが入ったような腕は、男の力強さを感じます。Tシャツを着ていても、袖がパツンパツンになるほどの筋肉は、見た目にもカッコよく見えます。女性は男性のどこの筋肉に魅力を感じているか?と...
チンニングとディップスだけで上半身のトレーニングは十分なのか?
自重トレーニングでありながら、上半身の筋肥大や筋力アップに効果的なチンニングディップス バーベルやダンベルも必要なく、ディップスができるチンニングスタンドがあれば、自宅でもトレーニングできます。では、この効果的なチ...
肩こり・腰痛・ぎっくり腰なら松下整体に今すぐ電話!愛南・宇和島・宿毛・大月・四万十・土佐清水へ出張可能
もし、肩こりや腰痛などの体の痛みに悩んでいるのであれば、松下整体を試してみてください。 肩こりや腰痛などの原因となる、首や腰などの骨のズレを戻し、筋肉をほぐして再発しにくい体にしていきます。 ぎっくり腰の急性の痛みも、楽にいなると思います。 痛みが発生してから時間が経つほど痛みを取り除くのが困難になっていきますので、痛みを感じているのであれば、今すぐご相談ください。
タイトルとURLをコピーしました