ランジをジャンプして行うジャンピングランジの効果とは?

脚やお尻、体幹を鍛えるトレーニングでランジがあります。
ランジは動きのあるトレーニングなので、スポーツをする人にとって、おすすめのトレーニングの一つです。

このランジにジャンプを加え、さらにスポーツへの効果を上げるトレーニングがジャンピングランジです。

脚のトレーニングの代表的なものといえば、バックスクワットですが、それ以外にも様々なトレーニングがあります。 ...

ジャンピングランジの効果

鍛えられる能力

ランジにジャンプを加えることで得られる効果というのは、

  • 瞬発力
  • スピード
  • パワー
  • バランス力

など様々です。

鍛えられる筋肉は、ランジと同様の大腿四頭筋、ハムストリング、体幹に加えジャンプに必要なふくらはぎの下腿部の筋肉も鍛えられます。

瞬発力

ランジの動作にジャンプが加わることで、ジャンプするときには爆発的なパワーとスピードが必要になり、それがスポーツで必要な瞬発力となります。
筋トレでは、筋肉を意識してゆっくり行うことが基本です。

しかしパワーを付けるにはそれでいいのかもしれませんが、瞬発力には、パワーにスピードが必要になります。
そのためには、このようなスピードを付けたトレーニングも必要なのです。

ウエイトリフティング(重量挙げ)の種目の中の一部のクリーン。床から胸のあたりまで一気に持ち上げる動作で、その後頭上に持ち上げるジ...
スポーツや格闘技をしている多くの人は、ウエイトトレーニングをしていると思います。 ビッグスリーといわれる ベンチプレス デ...

バランス力

ジャンプして着地したときは、非常に不安定な状態になります。
自重だけで行う場合でも不安定なのですが、これにダンベルを持ったり、バーベルを担いだりしてトレーニングした場合は、かなり不安定な状態になります。

これを瞬時に安定した状態に戻すのが、体幹の腹筋や背筋になります。
この動作を繰り返すことで、不安定な体を体幹の筋肉を使って安定な状態に、瞬時に戻すことができるようになります。

スポーツでこの能力は非常に重要な能力で、体がブレずにプレーすることができ、パフォーマンスの向上につながります。

脂肪燃焼やヒップアップ

瞬発的な筋肉を使うときには、速筋を使います。
速筋は肥大しやすい筋肉で、体のラインを作ってくれる役割もあります。
ランジの動作は臀部にも負荷がかかりますので、お尻の引き締めにも非常に効果的です。

また、これはどのトレーニングにもいえることですが、筋トレ後は、筋肉を修復するために、エネルギー消費の高い状態が24~48時間続きます。
つまり太りにくい状態が、何もしなくても続くということです。
脂肪も燃焼しやすい状態になるということです。

ジャンプランジのやり方

自重ジャンピングランジ動画

バーベルジャンピングランジ動画

ジャンピングランジのやり方

スタートポジションは前脚の膝は90度くらいに曲げ、後ろ脚は膝が床に着く直前ほどまで曲げておきます。
両足を一気に伸ばしジャンプしジャンプ中に前後の脚を交差させて、入れ替えます。
スタートポジションとは反対の脚で着地して、スタートポジションに戻ります。

ジャンピングランジの注意点

  • ランジの形を崩さないようにします。
  • 上半身をできるだけまっすぐ、前後左右にブレないように、垂直に保つようにします。
  • 前脚の膝が、つま先より前に出ないようにします。

これらができていないと、膝や腰を痛めることになります。

ウエイトを持ってやっていて、これらの状態になるということは、ウエイトが重すぎる可能性が高いです。
自重ジャンピングランジがしっかりとできるようになってから、ウエイトを使うようにします。
自重でも、このような形になってしまう場合は、筋力が少ないといえるでしょう。

ランジなどのトレーニングをしっかりと行って、十分な筋力がついてからトレーニングするようにしましょう。
トレーニングは、まず怪我をしないことが大切です。

正しいフォームでトレーニングすることで、ケガを防いで、トレーニング効果も高まります。
まずは、ゆっくりでいいので正しいフォームを身につけてから、全力のトレーニングをするようにしましょう。

様々なスポーツで重要となる瞬発力。瞬発力があることで、スポーツのパフォーマンスは大きく向上します。そのため、スポーツをしている人の...

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする