上腕三頭筋を手幅を狭くしたダンベルナローベンチプレスでの鍛え方とは?

スポンサーリンク

上腕の筋肉の3分の2を占める上腕三頭筋。
腕を太くするには、力こぶとなる上腕二頭筋を鍛えるよりも、上腕三頭筋を鍛えるほうが効率的です。
その上腕三頭筋を鍛える種目として

  • ナローベンチプレス

があります。

通常より手幅を狭く(ナロー)したベンチプレスです。
高重量が扱えて、上腕三頭筋を鍛えるおすすめの種目です。

しかしバーベルがないと、このトレーニングはできません。
そこでおすすめなのがダンベルを使った

  • ナローダンベルベンチプレス

です。

ナローダンベルベンチプレスであれば、自宅で筋トレをしている多くの人が持っている

  • ダンベル
  • フラットベンチ

があればトレーニングできます。
ダンベルを購入するならこちらがおすすめです。

フラットベンチを購入するならこちら

そこで自宅でもできる

  • ナローダンベルベンチプレスのトレーニング方法

を紹介いたします。

スポンサーリンク
プロテインやEAAを安く購入する方法

プロテインやEAAを激安で購入できるマイプロテイン。
こちらのリンクから購入すれば、さらに500円割引で購入することができます。
ぜひ、ご利用ください。
マイプロテインのサプリメントを500円割引で購入するならこちら

プロテインやEAAを安く購入する方法

プロテインやEAAを激安で購入できるマイプロテイン。
こちらのリンクから購入すれば、さらに500円割引で購入することができます。
ぜひ、ご利用ください。
マイプロテインのサプリメントを500円割引で購入するならこちら

ダンベルを使ったナローベンチプレスのトレーニングのやり方

上腕三頭筋を鍛える上で、高重量が扱えておすすめのナローベンチプレス。
バーベルがなくてもダンベルを使うことで、ナローダンベルベンチプレスのやり方を紹介いたします。

ナローダンベルベンチプレスの動画

ナローダンベルベンチプレスのやり方

  1. ダンベルベンチプレスのときのように、ダンベルを持ってフラットベンチに寝ます。ダンベルは手のひらが向かい合うように縦に握ります。ダンベルはくっつけて胸の前に構えます。
  2. ダンベルをくっつけた状態を保って、脇を締めたまま肘を伸ばし、ダンベルを上げていきます。
  3. 完全に肘を伸ばして、上腕三頭筋を収縮させたら、ゆっくりと胸の前まで下ろしていきます。
  4. これを繰り返していきます。
スポンサーリンク

初心者にもおすすめの上腕三頭筋のダンベルでの筋トレ

手の幅をせまくしてベンチプレスを行う、ナローベンチプレスは、比較的高重量を扱えます。
そのため上腕三頭筋に強い刺激を与えてくれる、おすすめのトレーニングです。

フォームも複雑なものではありませんので、初心者でも行いやすいトレーニングといえるでしょう。

また、バーベルで手幅を狭くするとバランスを崩しやすいのですが、ダンベルですとそのようなリスクも低くなります。
その点も初心者におすすめする理由です。

ベンチとダンベルがあればできますので、ぜひ普段のトレーニングに取り入れてみてください。
ダンベルを購入するならこちらがおすすめです。

フラットベンチを購入するならこちらがおすすめです。

ダンベルを使った上腕三頭筋のトレーニングは他にもあります。

上腕三頭筋のダンベルでのトレーニング方法をまとめているのがこちらのページです。
ぜひ参考にしてみてください。

上腕三頭筋を自宅で鍛える方法は、ダンベルがなくてもできます。
自重で鍛えることも可能です。
詳しいやり方はこちらを参考にしてみてください。

肩こり・腰痛・ぎっくり腰なら松下整体に今すぐ電話!愛南・宇和島・宿毛・大月・四万十・土佐清水へ出張可能
もし、肩こりや腰痛などの体の痛みに悩んでいるのであれば、松下整体を試してみてください。 肩こりや腰痛などの原因となる、首や腰などの骨のズレを戻し、筋肉をほぐして再発しにくい体にしていきます。 ぎっくり腰の急性の痛みも、楽にいなると思います。 痛みが発生してから時間が経つほど痛みを取り除くのが困難になっていきますので、痛みを感じているのであれば、今すぐご相談ください。
タイトルとURLをコピーしました