上腕三頭筋をダンベルで鍛えるテイトプレスのやり方やフォームとは?

スポンサーリンク

ダンベルとベンチがあればできる、上腕三頭筋のおすすめの筋トレのテイトプレス。
上腕三頭筋を、しっかりとストレッチさせながら負荷をかけられる、おすすめのトレーニングです。

バーベルがあれば、様々な上腕三頭筋のトレーニングができます。
しかし、自宅にバーベルをおいている人は少ないでしょう。
テイトプレスであれば多くの人が持っている

  • ダンベル
  • フラットベンチ

があればトレーニングすることができます。
ダンベルとフラットベンチを購入するならこちらがおすすめです。

そこでダンベルでできる

  • テイトプレスのやり方

を紹介いたします。

スポンサーリンク
プロテインやEAAを安く購入する方法

プロテインやEAAを激安で購入できるマイプロテイン。
こちらのリンクから購入すれば、さらに500円割引で購入することができます。
ぜひ、ご利用ください。
マイプロテインのサプリメントを500円割引で購入するならこちら

プロテインやEAAを安く購入する方法

プロテインやEAAを激安で購入できるマイプロテイン。
こちらのリンクから購入すれば、さらに500円割引で購入することができます。
ぜひ、ご利用ください。
マイプロテインのサプリメントを500円割引で購入するならこちら

テイトプレスのやり方

テイトプレスは

  • ダンベル
  • フラットベンチ

があればできるトレーニングです。

テイトプレスの動画

テイトプレスのやり方

  1. フラットベンチに仰向けで寝ます。ダンベルの内側のプレートを合わせたままベンチプレスのように肘を伸ばし、上腕三頭筋をしっかりと収縮させます。
  2. ダンベルを握っている親指側を下向きにして、肘を曲げて下ろしていきます。しっかりと上腕三頭筋をストレッチさせます。
  3. 肘を伸ばして最初の状態に戻します。
  4. これを繰り返していきます。
スポンサーリンク

テイトプレスのフォームでの注意点

テイトプレスのフォームの注意点を紹介いたします。

トップポジションでダンベルが離れないようにする

肘を伸ばしたトップポジションでは、ダンベルが離れないようにします。
ダンベルが離れてしまうと、上腕三頭筋から負荷が逃げてしまうようになります。
できるだけくっつけた状態で肘を伸ばしていくようにしましょう。

肘が前後に動かないようにする

テイトプレスをするときは、横から見て肘が頭の方や足の方に動かないようにします。
しっかりと固定することで、安定して三頭筋に負荷がかかるようになります。
肘が動いてしまうと、負荷が逃げるだけでなく、バランスを崩してダンベルを支えられなくなります。
落下の危険性もありますので、気をつけるようにしましょう。

ダンベルでできる上腕三頭筋のトレーニングは、他にもあります。
ダンベルを購入するならこちらがおすすめです。

このように自宅でできるダンベルを使った上腕三頭筋のトレーニングは、他にもあります。
うまく組み合わせていくことで、刺激に変化を与えて、上腕三頭筋の発達に良い影響を与えてくれます。
参考にしてみてください。

自重でできる上腕三頭筋のトレーニングもあります。
参考にしてみてください。

ダンベルやフラットベンチを購入するならこちらがおすすめです。

肩こり・腰痛・ぎっくり腰なら松下整体に今すぐ電話!愛南・宇和島・宿毛・大月・四万十・土佐清水へ出張可能
もし、肩こりや腰痛などの体の痛みに悩んでいるのであれば、松下整体を試してみてください。 肩こりや腰痛などの原因となる、首や腰などの骨のズレを戻し、筋肉をほぐして再発しにくい体にしていきます。 ぎっくり腰の急性の痛みも、楽にいなると思います。 痛みが発生してから時間が経つほど痛みを取り除くのが困難になっていきますので、痛みを感じているのであれば、今すぐご相談ください。
タイトルとURLをコピーしました