ジャンピングスクワットでジャンプ力は上がるのか?

スポンサーリンク

スクワットの動作にジャンプを加えたジャンピングスクワット。
スクワットよりも、爆発的に力を出すので、瞬発力をつけるにはオススメのトレーニングです。
スクワットでは、スピードではなく、パワーを上げるトレーニングです。

  • パワー

だけではなく

  • スピード

も、瞬発力を作り上げる重要な要素です。

ジャンピングスクワットは、その2つを効率よく上げてくれます。
では、瞬発力が必要なジャンプ力は、このジャンピングスクワットで上がるのでしょうか?

スポンサーリンク
プロテインやEAAを安く購入する方法

プロテインやEAAを激安で購入できるマイプロテイン。
こちらのリンクから購入すれば、さらに500円割引で購入することができます。
ぜひ、ご利用ください。
マイプロテインのサプリメントを500円割引で購入するならこちら

プロテインやEAAを安く購入する方法

プロテインやEAAを激安で購入できるマイプロテイン。
こちらのリンクから購入すれば、さらに500円割引で購入することができます。
ぜひ、ご利用ください。
マイプロテインのサプリメントを500円割引で購入するならこちら

ジャンピングスクワットでジャンプ力を上げる

ジャンピングスクワットで、ジャンプ力は上がっていきます。
ジャンプするときには、股関節と膝と足首を曲げて、それを伸ばす力がジャンプ力になります。
この3つを伸ばす

  • スピード
  • パワー

が、ジャンプ力に影響します。
ジャンピングスクワットは、これらを伸ばす

  • 臀部筋
  • 大腿部筋
  • 下腿部筋

のパワーとスピードを上げてくれるのです。

自重のジャンピングスクワット

まずは何も負荷をかけない、自重のジャンピングスクワットを行います。
スクワットのボトムポジションから、一気にスピードとパワーを意識してジャンプすることが重要です。

負荷をかけたジャンピングスクワット

ジャンピングスクワットが、1セット20回以上できるようになってくれば、負荷をかけるほうが効率的です。
20回以上できるということは、負荷が軽すぎるということです。
これでは、筋持久力がついていくだけで、瞬発力はついていきません。

負荷をかけてジャンピングスクワットを行う場合は、バーベルではなく、ダンベルがおすすめです。
バーベルでは

  • バランスを崩しやすい
  • 腰や股関節、膝に大きな負担がかかる

などのリスクが大きく、ダンベルで行うほうがいいでしょう。

ジャンピングスクワットをバーベル担いでする効果とは?
スクワットの動作にジャンプを加えるジャンピングスクワット。自重でもスクワットよりも負荷がかかり、爆発的なパワーが身につきます。このジャンピングスクワットを、さらに負荷をかける方法があります。それがバーベルジャンピングスクワ...
スポンサーリンク

ジャンプ力を上げるトレーニング方法

ジャンプ力を上げていくには、ジャンピングスクワットよりも、オススメのトレーニングがあります。
それが、ウエイトリフターが行っているトレーニングのクイックリフトです。
ウエイトリフターは、

  • ジャンプ力
  • ダッシュ力

などの瞬発力が、他のスポーツ選手よりもすぐれていることが知られています。
その力は、クイックリフトのトレーニングで作られています。

クイックリフトは、速くウエイトを持ち挙げるトレーニングです。
ウエイトリフターの種目の

  • クリーン
  • ジャーク
  • スナッチ

などです。
自宅などでトレーニングする場合は、ウエイトリフティングの種目ではなく、トレーニング用のクイックリフトでトレーニングしましょう。

マッスルスナッチ

ケガのリスクを減らしたスナッチです。

宅トレでハングパワースナッチがおすすめの理由と具体的なやり方とは?
瞬発力を養うトレーニングの一つにスナッチがあります。バーベルを床から頭の上まで一気に引き上げる種目です。オリンピック種目にもなっていますので、見たことがある人も多いのではないでしょうか?スポーツをしている人は、ベンチプレス...

ハングクリーン

腰を傷めにくいクリーンです。

ハングクリーンの効果的で安全に瞬発力をつけるやり方と注意点とは?
ウエイトリフティング(重量挙げ)の種目の中の一部のクリーン。床から胸のあたりまで一気に持ち上げる動作で、その後頭上に持ち上げるジャークで重量挙げのクリーン&ジャークになります。その一部のクリーンですが、多くの速筋を使うスポーツ選...

ダンベルジャーク

自宅でも行いやすい、ダンベルを使ったクイックリフトのジャークです。

ダンベルジャークのやり方とメリットとは?アスリートが取り入れるべき理由
クイックリフトの一種であるプッシュジャーク。瞬発力やジャンプ力をアップさせるには最適なトレーニングです。そのためアスリートの多くが、取り入れてトレーニングしています。ジャークの他のクイックリフトは、スナッチとクリーンがあ...

ハイプル

難しいスナッチのキャッチ技術を省いたオススメのトレーニングです。

ハイプルをする筋トレのメリットとやり方や種類とは?
スポーツ選手に必要な瞬発力を高めるトレーニングのハイプル。瞬発力を高めるトレーニングはクイックリフトのクリーンスナッチジャーク などがありますが、ハイプルはその中の一種です。ハイプルのトレーニングを行うメリ...
スポンサーリンク

ジャンピングスクワットとクイックリフトでジャンプ力を上げる

このように、ジャンプ力を上げるには、ジャンピングスクワットやクイックリフトがおすすめです。
パワーだけでなく、スピードも同時に上げていくことで、ジャンプ力をはじめ、瞬発力を上げていくことになります。
スポーツ選手に絶対に必要な能力ですので、ぜひ、トレーニングしてみてください。

ジャンプ力を上げるためにおすすめのトレーニング方法はこちらを参考にしてみてください。


肩こり・腰痛・ぎっくり腰なら松下整体に今すぐ電話!愛南・宇和島・宿毛・大月・四万十・土佐清水へ出張可能
もし、肩こりや腰痛などの体の痛みに悩んでいるのであれば、松下整体を試してみてください。 肩こりや腰痛などの原因となる、首や腰などの骨のズレを戻し、筋肉をほぐして再発しにくい体にしていきます。 ぎっくり腰の急性の痛みも、楽にいなると思います。 痛みが発生してから時間が経つほど痛みを取り除くのが困難になっていきますので、痛みを感じているのであれば、今すぐご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました