リバースグリップでベントオーバーロウをするメリットとは?

スポンサーリンク

広背筋のトレーニングとしておすすめのベントオーバーロウ。
バーベルがあるならトレーニングしておきたい種目です。
ベントオーバーローイングは、通常オーバーグリップ(順手)で握ります。

ところがジムでは、リバースグリップ(逆手)でトレーニングしている人も見かけます。
私も、オーバーグリップでする時もありますし、リバースグリップで行うときもあります。
一体どちらがいいのでしょうか?
そこで、リバースグリップベントオーバーロウでトレーニングする理由を紹介いたします。

スポンサーリンク
プロテインやEAAを安く購入する方法

プロテインやEAAを激安で購入できるマイプロテイン。
こちらのリンクから購入すれば、さらに500円割引で購入することができます。
ぜひ、ご利用ください。
マイプロテインのサプリメントを500円割引で購入するならこちら

プロテインやEAAを安く購入する方法

プロテインやEAAを激安で購入できるマイプロテイン。
こちらのリンクから購入すれば、さらに500円割引で購入することができます。
ぜひ、ご利用ください。
マイプロテインのサプリメントを500円割引で購入するならこちら

リバースグリップベントオーバーロウで筋トレする理由

リバースグリップでベントオーバーロウを行う理由は、2つあると思います。

  • 広背筋の刺激する部分を変える
  • 広背筋への刺激を変える

です。

広背筋の刺激する部分を変える

オーバーグリップでのベントオーバーロウは、肘が開きます。
広背筋の上部や中部に効きやすくなります。
リバースグリップで握ると、肘が閉じた状態になります。

そのことにより、広背筋の下部に効きやすくなります。
このように、握り方を変えることで、広背筋の効く場所が変わってきます。
広背筋のどこの部分を重点的に鍛えたいか?で使い分けることができます。

広背筋への刺激を変える

これは他のトレーニングにもいえることですが

  • 手幅を変える
  • 握り方を変える

ことによって、同じトレーニングでも、効く場所が違ったり、効き方が違ってきます。
筋肉は同じ刺激だと、それに慣れてしまって、発達しにくくなります。
筋肉が感じるストレスに対応しようとして、筋肉が発達するのです。
同じ刺激だと、そのストレスに適応してしまうのです。
そのため、

  • 重量を変える
  • 種目を変える
  • スピードを変える
  • 順番を変える

などで、刺激に変化を与えます。
握り方を変えるのは、その手段の一つなのです。

スポンサーリンク

リバースグリップで行うベントオーバーロウの方がいいわけではない

  • リバースグリップ
  • オーバーグリップ

で行うベントオーバーロウは、どちらがいいというわけではありません。
どちらも行っていくほうがいいのです。
それは

  • 鍛える場所を変える
  • 与える刺激を変える

ためには、両方行っていくほうがいいでしょう。
普段オーバーグリップばかりでトレーニングしている人は、リバースグリップも取り入れてみてください。

スポンサーリンク

スミスマシンによるオーバーグリップ・リバースグリップ両方のベントオーバーロウ動画

トップサイドデッドリフトのやり方とは?背中に効かせるためのポイントとは?
背中やハムストリングスなどに効果的なトレーニングで、代表的なものといえばデッドリフトでしょう。高重量が扱えるため、ターゲットとする筋肉に、強い刺激を与えてくれます。そんなデッドリフトですが 腰に不安を抱えているハムストリ...
EAAで効率よく筋肥大をさせるには?
筋肉の材料となるたんぱく質。いくら集中して激しいウエイトトレーニングをしても、この筋肉の材料となるたんぱく質がなければ、筋肉は大きくなっていきません。筋肥大にとって大切なたんぱく質。そのため、筋肥大を目指している人は、たんぱく質の...
男はどこの筋肉を鍛えるとモテるのか?
筋トレの目的は、その人によって様々だと思います。 健康のため老化予防のためダイエットのためスポーツパフォーマンス向上のため異性にモテるため など、いろいろな目的を持って筋トレをしていることでしょう。目的によ...

肩こり・腰痛・ぎっくり腰なら松下整体に今すぐ電話!愛南・宇和島・宿毛・大月・四万十・土佐清水へ出張可能
もし、肩こりや腰痛などの体の痛みに悩んでいるのであれば、松下整体を試してみてください。 肩こりや腰痛などの原因となる、首や腰などの骨のズレを戻し、筋肉をほぐして再発しにくい体にしていきます。 ぎっくり腰の急性の痛みも、楽にいなると思います。 痛みが発生してから時間が経つほど痛みを取り除くのが困難になっていきますので、痛みを感じているのであれば、今すぐご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました