リバースグリップでベントオーバーロウをするメリットとは?

広背筋のトレーニングとしておすすめのベントオーバーロウ。
バーベルがあるならトレーニングしておきたい種目です。
ベントオーバーローイングは、通常オーバーグリップ(順手)で握ります。
ところがジムでは、リバースグリップ(逆手)でトレーニングしている人も見かけます。
私も、オーバーグリップでする時もありますし、リバースグリップで行うときもあります。
一体どちらがいいのでしょうか?
そこで、リバースグリップベントオーバーロウでトレーニングする理由を紹介いたします。

リバースグリップベントオーバーロウで筋トレする理由

リバースグリップでベントオーバーロウを行う理由は、2つあると思います。

  • 広背筋の刺激する部分を変える
  • 広背筋への刺激を変える

です。

広背筋の刺激する部分を変える

オーバーグリップでのベントオーバーロウは、肘が開きます。
広背筋の上部や中部に効きやすくなります。
リバースグリップで握ると、肘が閉じた状態になります。
そのことにより、広背筋の下部に効きやすくなります。
このように、握り方を変えることで、広背筋の効く場所が変わってきます。
広背筋のどこの部分を重点的に鍛えたいか?で使い分けることができます。

広背筋への刺激を変える

これは他のトレーニングにもいえることですが

  • 手幅を変える
  • 握り方を変える

ことによって、同じトレーニングでも、効く場所が違ったり、効き方が違ってきます。
筋肉は同じ刺激だと、それに慣れてしまって、発達しにくくなります。
筋肉が感じるストレスに対応しようとして、筋肉が発達するのです。
同じ刺激だと、そのストレスに適応してしまうのです。
そのため、

  • 重量を変える
  • 種目を変える
  • スピードを変える
  • 順番を変える

などで、刺激に変化を与えます。
握り方を変えるのは、その手段の一つなのです。

リバースグリップで行うベントオーバーロウの方がいいわけではない

  • リバースグリップ
  • オーバーグリップ

で行うベントオーバーロウは、どちらがいいというわけではありません。
どちらも行っていくほうがいいのです。
それは

  • 鍛える場所を変える
  • 与える刺激を変える

ためには、両方行っていくほうがいいでしょう。
普段オーバーグリップばかりでトレーニングしている人は、リバースグリップも取り入れてみてください。

スミスマシンによるオーバーグリップ・リバースグリップ両方のベントオーバーロウ動画

背中やハムストリングスなどに効果的なトレーニングで、代表的なものといえばデッドリフトでしょう。高重量が扱えるため、ターゲットとす...
筋肉の材料となるたんぱく質。いくら集中して激しいウエイトトレーニングをしても、この筋肉の材料となるたんぱく質がなければ、筋肉は大き...
筋トレの目的は、その人によって様々だと思います。 健康のため老化予防のためダイエットのためスポーツパフォーマンス向上のため...


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする