上腕二頭筋のストレッチ種目ライイングダンベルカールのやり方とは?

スポンサーリンク

力こぶとなる上腕二頭筋を鍛える種目のアームカール。
そのアームカールで上腕二頭筋に強いストレッチ刺激を与えるトレーニング種目があります。
それが

  • ライイングダンベルカール

です。

上腕二頭筋のストレッチ種目として

  • インクラインダンベルカール

があります。
しかし、インクラインベンチを持っていない方もいらっしゃるでしょう。
そのような方は、フラットベンチとダンベルがあれば、上腕二頭筋のストレッチ種目として

  • ライイングダンベルカール

ができます。

ダンベルとフラットベンチを購入するならこちらがおすすめです。

フラットベンチとダンベルがあればできて、上腕二頭筋への刺激も強いので、おすすめです。

スポンサーリンク

ライイングダンベルカールの動画とやり方

ライイングダンベルカールの動画ややり方を紹介いたします。

ライイングダンベルカールの動画

ライイングダンベルカールのやり方

  1. フラットベンチに仰向けに寝転がって、ダンベルを持ちます。1足の裏は床につける 2股関節を曲げてベンチにつける 3浮かして組む のいずれかの姿勢を取ります。頭は上げておきます。
  2. 両手を体に対して45度くらい下ろし、肘を固定したままダンベルを上げていきます。
  3. ダンベルが体のより少し上の高さまでいったら、ゆっくりと下ろしていきます。肘は完全に伸ばす手前で止めます。
  4. これを繰り返していきます。

ライイングダンベルカールの足の位置

ライイングダンベルカールを行う時の、足の位置は

  • 床につける
  • ベンチの上に置く
  • 浮かせる

の3つがあります。
私がやりやすいのは、浮かせてやるやり方です。
自分のやりやすいやり方をするといいでしょう。

スポンサーリンク

ライイングダンベルカールの注意点

ライイングダンベルカールの注意点を紹介いたします。

肘を固定する

アームカール同様に、肘はできるだけ固定したまま行うようにします。
肘が動くと、上腕二頭筋から負荷が逃げることがあります。
できるだけ肘は固定して動作するようにします。

肘を伸ばしきらない

ライイングダンベルカールでは、ダンベルを下ろしていくときに、強いストレッチを感じることができます。
筋肉に強い刺激が入るのが、このトレーニングのメリットです。
そのため、上腕二頭筋に負荷を乗せたまま、肘を伸ばしていくように意識します。
しかし、刺激が入るからといって、肘を完全に伸ばしてしまうと、肘を痛めてしまうことになります。
完全に伸ばし切る手前で止めるようにしましょう。

スポンサーリンク

フラットベンチがあればできる上腕二頭筋のストレッチ種目

ライイングダンベルカールは、

  • フラットベンチ
  • ダンベル

があれば自宅でもできる、上腕二頭筋のストレッチ種目です。

フラットベンチとダンベルを購入するならこちらがおすすめです。

インクラインカールも、壁を使えばトレーニングすることができます。
詳しくはこちらをご覧ください。

プリチャーカールも上腕二頭筋をストレッチさせながらトレーニングができる種目です。

しかし自宅にプリチャーベンチがなければ、トレーニングしにくいでしょう。

プリチャーカールの代用できる種目もあります。

もう一つアームカールを変化させたおすすめの上腕二頭筋のトレーニングがあります。
それが

  • 21カール

です。
上腕二頭筋に強い刺激を与えて、パンプアップさせることができます。
詳しくはこちらを参考にしてみてください。

ライイングダンベルカールは、自宅でもやりやすいトレーニングで、しかも効果的ですので、ぜひ普段のトレーニングに取り入れてみてください。

このようにダンベルを使った自宅でもできる上腕二頭筋のトレーニングはたくさんあります。
詳しいトレーニング内容は、こちらを参考にしてみてください。

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

タイトルとURLをコピーしました