枕とタオルを使ったひどい肩こりの解消法とは?

スポンサーリンク

多くの人が悩まされている肩こり。

長時間デスクワークをする人は特にそうでしょう。

定期的にマッサージや整体などに通って、なんとか一時的に解消して我慢している人もいると思います。

確かにそのような方法も良い選択です。

しかしマッサージや整体は、毎日行うわけにはいきません。

そこで

毎日自宅で寝ながらできる肩こり解消法

を紹介いたします。

スポンサーリンク
<おすすめ>
ダンベルでトレーニングをするときにストレスとなるのが、ウエイトの変更です。 セットごとに重量を変えるとなると、それだけで多くの時間を要します。
そこでおすすめなのが可変式のダンベルです。 ダイヤルを合わせるだけで、一瞬にして希望のウエイトに変更ができてしまいます。
自宅でトレーニングするなら持っておきたいアイテムですね。
<おすすめ>
ダンベルでトレーニングをするときにストレスとなるのが、ウエイトの変更です。 セットごとに重量を変えるとなると、それだけで多くの時間を要します。
そこでおすすめなのが可変式のダンベルです。 ダイヤルを合わせるだけで、一瞬にして希望のウエイトに変更ができてしまいます。
自宅でトレーニングするなら持っておきたいアイテムですね。

肩こりの原因の一つのストレートネック

デスクワークの長時間化や、スマホの普及によって、下を向く姿勢が増えています。

それに伴って、ストレートネックの方も増えています。

本来首の骨というのは、30度から40度の湾曲があるのが普通です。

その湾曲がなくなり真っ直ぐになった状態のことを、ストレートネックといいます。

下を向く姿勢というのが、ストレートネックの大きな原因の一つです。

首の骨の湾曲がなくなることで、首の骨に頭の重さが直接かかり、神経を圧迫することになります。

また、

  • ストレートネックは、肩こりの大きな原因の一つ

です。

スポンサーリンク

長時間のデスクワークはストレートネックになりやすい

ストレートネックを治すには、やはり、普段の姿勢が最も大切です。

できるだけ下を向かず、顎を引いて背骨の上に頭を持ってくるようにしなければいけません。

しかし長時間デスクワークをしている人は、無意識のうちにうつむきがちになります。

また長年のクセを治すことは難しいでしょう。

ある意味ストレートネックにならないような姿勢を常に保つのは難しいとも言えます。

では長時間デスクワークをしている人は、ストレートネックやひどい肩こりを諦めるしかないのでしょうか?

スポンサーリンク

枕やバスタオルを使った肩こり解消法

そこでおすすめなのが、枕を使った肩こり解消法です。

自宅で寝ながらできますので、毎日することによって、ひどい肩こりやストレートネックを解消できるでしょう。

半円の枕やバスタオルを丸めたものを用意する

まずは、このような半円形の枕を用意します。

半円形の枕

安いものなので、購入しておいてもいいでしょう。

肩こり解消枕をバスタオルで作る方法

もしこのような枕が用意できない場合は、バスタオルを丸めたものでもいいです。

しっかりと丸めて、固さのある枕にしておきます。

高さが足らない場合は、2枚使ったり、フェイスタオルを足してもいいでしょう。

首の湾曲に合うように首に枕を当てる

仰向けに寝て枕が首の湾曲に合うように、首の下に置きます。

通常は枕は頭にするものですが、この肩こり解消法では首に枕をするようにします。

バスタオルでも同じような要領です。

首の下に枕を置く

この状態で、首の湾曲の正常な状態ができます。

首の力を抜いてリラックスします。

その時に、頭の重さで首が引っ張られるような感じがあると思います。

この頭の重みで引っ張ることによって、左右のズレも直していきます。

それが感じられない場合は、枕の位置が悪いか、首に力が入っているので、調整してください。

半円の枕の運動

頭を左右に倒す

その状態から、頭を右に倒します。

右に倒す

倒したら真ん中に戻します。

半円の枕の運動

真ん中に戻したら、今度は左に倒します。

左に倒す

1回1回ゆっくりと丁寧に行ってください。

左右往復20回ほどで十分です。

左右に倒すことによって首の周りの筋肉に刺激が入り、首の周りの筋肉を緩めることができます。

非常に気持ちがよく、しかも自宅で簡単にできますので、毎日続けることができるでしょう。

整体やマッサージでは月に1回しかケアできませんが、これなら毎日首のケアができます。

毎日ですので、首の状態を悪化させることもなく、いい状態を維持することができます。

これがひどい肩こりを解消する方法になります。

スポンサーリンク

肩こりがひどい場合は整体も利用する

長年の癖を矯正することは、難しいいことです。

長時間のデスクワークの仕事を辞めるわけにも行かないでしょう。

しかしその癖や仕事によってできた体の歪みも、毎日ケアして元に戻してあげることはできます。

今回はその方法の一つを紹介しました。

短時間でいいので毎日続けることが重要で、効果を感じられるポイントです。

もしそれでも痛みや肩こりがひどい時には、松下整体で矯正するのもいいでしょう。

しっかりと全身をケアしていい状態にした上で、このような自宅でできる肩こり解消運動を毎日することによって、いい状態を維持することができます。

また肩周りの僧帽筋を筋トレで鍛えておくことも重要ですよ。

ダンベルシュラッグで肩こりを改善できる理由とトレーニングのやり方
肩に重りが乗っているように感じる、つらい肩こり。多くの人がつらい肩こりに悩んでいます。その肩こりの予防方法や改善方法には、様々なものがあります。その中の一つに、筋トレの種目の一つのダンベルシュラッグがありま...
首を鍛える自宅でできる自重トレーニングの方法とは?
頭を支えている重要な首。首を鍛えることは、男性にとっても女性にとっても、大きなメリットをもたらします。男性の首を鍛えるメリット男性の太く鍛えられた首は、たくましさを表現してくれます。体は大きいのに、首が細いと頼りな...
なで肩の原因や治し方とは?
男にとってなで肩というのは、あまり嬉しいものではありません。弱々しく見えてしまいますし、頭も大きく見えます。肩幅が狭く見えますので、仕事でスーツを着たときや、Tシャツを着たときなどに、きれいな体のラインを表現することができ...
肩こり・腰痛・ぎっくり腰なら松下整体に今すぐ電話!愛南・宇和島・宿毛・大月・四万十・土佐清水へ出張可能
もし、肩こりや腰痛などの体の痛みに悩んでいるのであれば、松下整体を試してみてください。 肩こりや腰痛などの原因となる、首や腰などの骨のズレを戻し、筋肉をほぐして再発しにくい体にしていきます。 ぎっくり腰の急性の痛みも、楽にいなると思います。 痛みが発生してから時間が経つほど痛みを取り除くのが困難になっていきますので、痛みを感じているのであれば、今すぐご相談ください。
タイトルとURLをコピーしました