肩こりを楽にする簡単な方法

毎日の首のケアが重要です。

デスクワークの増加や、スマホの普及によって、下を向く姿勢が増え、ストレートネックの方が増えています。

ストレートネックとは、首の骨の湾曲が少なく、真っ直ぐになった状態のことを言います。

ストレートネックは、肩こりの大きな原因の一つです。

ストレートネックを治すには、やはり、普段の姿勢が最も大切です。

しかし、デスクワークの時には、どうしても無意識のうちに、うつむきがちになりますし、長年のクセを治すことは難しいでしょう。

そこで、首の失われた湾曲を元に戻し、首の周りの筋肉を緩め、首の骨のズレを元に戻す方法を紹介いたします。

スポンサーリンク

枕を使った矯正法

まずは、このような半円形の枕を用意します。

半円形の枕

このような枕は、松下整体で2500円で販売しています。

もし、このような枕が用意できない場合は、バスタオルなどを丸めたものでもいいでしょう。

しかし、バスタオルでは固さが不十分ですので、できれば、このような枕を用意してください。

仰向けに寝て、枕が首の湾曲に合うように、首の下に置きます。

首の下に枕を置く

この状態で、首の湾曲の正常な状態ができます。

首の力は抜いてリラックスします。

その時に、頭の重さで首が引っ張られるような感じがあると思います。

この頭の重みで引っ張ることによって、左右のズレも直していきます。

それが感じられない場合は、枕の位置が悪いか、首に力が入っているので、調整してください。

半円の枕の運動

その状態から、頭を右に倒します。

右に倒す

倒したら真ん中に戻します。

半円の枕の運動

真ん中に戻したら、今度は左に倒します。

左に倒す

1回1回ゆっくりと丁寧に行ってください。

左右往復20回ほどで十分です。

このことにより、首の周りの筋肉を緩めることができます。

毎日のケアが歪んだ体を治す

長年の癖を矯正することは、難しいいことです。

しかし、その癖によってできた体の歪みを、毎日ケアして、元に戻してあげることはできるでしょう。

そして、もし、それでも痛みや肩こりが酷い時には、松下整体で矯正するといいと思いますよ。

[seitai]

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加