ezバーシャフトがおすすめの理由

筋肉には新しい刺激を与えると大きく成長します。

そのために、いつもと違うトレーニング方法をしたり、扱う重量を変化させたり、限界からさらに追い込むフォーストレップスを行ったりします。

また、違う器具を使うという方法もあります。

そこで

  • EZバー

を購入しました。

EZバー

EZバーは、

  • アームカール
  • リバースカール
  • フレンチプレス
  • アップライトローイング

などを行うときにストレートバーと比べると、手首に過度の負担をかけることなくトレーニングを行うことができます。

また、角度がついていますので、ストレートバーとは違った刺激を筋肉に与えることができます。

EZバーの持ち方

持ち方は

EZバー持ち方2

  • リバースカール
  • フレンチプレス

などを行うときに使う持ち方です。

リバースカールのときには、親指を真ん中の凹み部分に引っ掛けるように持つこともあります。

フレンチプレスであれば、小指を凹み部分に引っ掛けるように持つこともあります。

このように、

  • 斜めになっているバーの中央を持つ
  • 凹み部分に指を引っ掛ける

など、持ち方を変えることで、筋肉を意識しやすくしたり、刺激を変化させたりすることができます。

EZバー持ち方

アームカール

をするときの持ち方です。

  • バーをしっかり持つ

こともありますし、

  • 人差し指を凹み部分に引っ掛けるように持つ

こともあります。

EZバーカールでは、この狭い幅で持つことで、上腕二頭筋の長頭(腕の外側に位置)に刺激を与えることができます。

EZバー持ち方3

  • リバースカール
  • フレンチプレス
  • アップライトローイング

などをするときの持ち方です。

アップライトローイングの場合は、凹みの部分を持つような感じです。

EZバー持ち方4

  • アームカール

をするときの持ち方です。

EZバーカールでは、このような広い幅で持つと、上腕二頭筋の短頭(内側)に刺激を与えることができます。

EZバーバーベルカール

 

EZバーリバースカール

 

EZバーフレンチプレス

 

EZバーアップライトローイング

 

アイロテックのEZバーを購入

今回はIROTECアイロテックの製品を購入しました。

以前は、よくボディメーカーで購入していましたが、最近はIROTECアイロテックが、品質の割りに価格が安く、購入しやすくなっています。

ところが今調べてみると、アイロテックのEZバーは、かなり価格が高くなっていました。

私が購入した頃は、かなり安かったのですが・・・

こちらのほうが安いようです。

 

アイロテックのEZバーは、少し気になるところがあります。

それは、カラーが少し頼りない感じだからです。

EZバーカラー

重い重量になると、少し不安です。

カラーだけ違うものを購入するといいかもしれませんね。


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする